将棋をこよなく愛す『花子とアン』女優・高梨臨の残念で意外な休日

messy / 2014年8月12日 18時0分

写真

 先日、NHKで放送中の人気朝ドラ『花子とアン』に出演している鈴木亮平が、同局の『スタジオパークからこんにちは』(通称・スタパ)にゲスト出演した回をレビューさせていただいたのだが、8月7日に放送された同番組に、その『花アン』から今度は私がとても注目している若手女優・高梨臨がゲストとして登場していた。

 目鼻立ちの整った品のある正統派美人で、いかにもお嬢様役が似合いそうなイメージの高梨さんだが、お嬢様役は今回の『花アン』の醍醐亜矢子役で初めて挑戦することになったそうだ。「ごきげんよう」「良くってよ」など普段使い慣れない丁寧な言い回しに、当初は照れ臭くなったり違和感を覚えていたのだとか。

 けれども撮影が進むにつれて、次第にお嬢様らしい振る舞いにも慣れていったそうだ。ドラマを見ていると、彼女は最初からお嬢様らしさに満ち溢れていて、すごく自然な立ち振舞いに見えていたのだが、そんな葛藤があったんだなぁ。

 番組MCの伊藤雄彦アナウンサーから、同ドラマのプロデューサーが描いていた“醍醐亜矢子”という役柄のイメージについての紹介があり、「気品・華やか・明るい・強い」という4つの要素が挙げられた。高梨さんは、その中で自分との共通点は「明るい」ということだけだと答えていたが、いやいやいや~、それだけじゃないない! 気品と華やかさだって高梨さん本人から十分みなぎっていますから~♪

 今回の日替わりMCは戸田恵子が担当していて、奇遇にも鈴木くんの放送回と同じであったのだが、そんな謙遜している高梨さんに「今日初めてお会いした感じ、4つ(の要素が)全部あるようにお見受けしましたよ~」「この役(醍醐さん)にピッタリだったんじゃないでしょうか」と、高梨さんを勇気付けるようなコメントを出してくれたのだった。また、普段の自分自身の性格について聞かれた高梨さんは、

「醍醐とは真逆な感じで、休みの日とかも家から一歩も出ないですし……」

 と、活動的な醍醐さんとは対象的に引きこもり気味な生活であることを明かした。MC陣はよほど意外だったのか「一歩も出ない!?」「籠り派ですか~!?」と驚きを隠せなかったのだが、高梨さんはさらに

「家から一歩も出ないことを目標にしています」(も、目標にしている??)

 と、何だかちょっと変わった目標を掲げていることを発表したのだった。MCの二人はもうキョトンである。とにかくインドア派だという高梨さんは、家でゴロゴロしたり、DVD鑑賞がお好きらしい。しかし、ランニングは例外らしく、思い立ったら急に走り出すそうだ。って、家から一歩どころか出まくりじゃん! 全然目標達成できてないような……。

messy

トピックスRSS

ランキング