人間不信激白も…辻希美が見せつける桁違いの精神力

messy / 2014年8月13日 17時30分

写真

 12日に放送された『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に、元モーニング娘。の辻希美(27)が出演していた。現在の彼女はママタレとして活躍し、3児の子育ての様子を綴ったブログが高いPV数を誇っていることでも知られている。

 そんな彼女が、同番組でタレントの北斗晶(47)の実家の畑仕事を手伝うことに。畑作業に汗を流しながら、辻は北斗との交流が始まったきっかけについて語った。

 19歳の時に俳優の杉浦太陽(33)とできちゃった結婚をした辻は、長女が生まれた後にブログを開始し、子育てや新婚生活について綴るようになった。しかし、そのブログには次第に中傷コメントが投稿され始め、「ままごと夫婦」等とバッシングを浴びるようになったという。

 それが原因で人間不信に陥り、ブログをやめることを考えていた辻だが、あるファンから「北斗さんのブログを見て」というコメントが届いた。気になった辻が北斗のブログを見ると、そこには

「若夫婦が一生懸命育ててる子の成長を一緒に何故喜んでやれない!?」
「これからも気にせずでっけーリボン一杯頭につけて華やかにどっかーんとやれ」

 という、自分たち夫婦へのメッセージと受け取れるような内容が綴られていたとのこと。辻は「自分の気持ちを全部代弁してくれた」「本当に北斗さんのおかげなんです」と北斗に感謝の気持ちを述べた(「自分の気持ちを代弁してくれた」ということは、辻自身も「なぜ私たちの子の成長を喜んでくれないの?」と思っていたということだろうか)。

 辻は結婚後、その行動のすべてがネットで批判の的となる炎上ママタレの第一線をひた走ってきた代表的存在である。過去のブログでは、新生児を含む子供3人と自転車の4人乗りを構想して非難を浴びたり、手作りパンの写真を投稿したものの焼き上がる前と後でメロンパンが全くの別物になっていたという「偽装メロンパン事件」などが有名。

 しかし最近では、家族で新幹線のグリーン車に乗ったり、水着姿を披露するといった些細な事柄までバッシングを浴びていることから、「いくらなんでも叩かれすぎ」と彼女を擁護する人も出てきている。非常識な行動が目立っていた辻とはいえ、見境なく叩かれるのは気の毒だという良識派の声が大きくなり、同時に他にも辺見えみりや木下優樹菜など「叩きどころ」が分散されてきたことで、注目度は否応無しに下がっていた。

 そんな矢先にぶっこんできた「人間不信」回顧録。「今だから話せる」ことは基本的に「今さら」なことばかりなわけだが、自らネガティブなネタを投下してでも注目を集めようという辻の根性は並のアイドルやママタレとは程度が違う。プロデュースに携わっているアパレルブランド「Saruru」はデザインのあまりのダサさ(良く言えば普遍的)に売れ行き不振で思うように製品展開が進んでいないとの話も聞くが、辻ならば佐々木希や篠田麻里子のように「閉店」させず、見事に花開かせるかもしれない。
(シュガー乙子)

messy

トピックスRSS

ランキング