「◯◯が完璧すぎて結婚できない」アラフォー俳優・戸次重幸の憂鬱

messy / 2014年9月25日 16時0分

写真

 9月15日に放送された『有吉ゼミ』(日本テレビ系)は「坂上忍、家を買う。&結婚できない男大集合 秋の2時間スペシャル」と題した特番となっていた。

 番組前半には「坂上忍、家を買う。」という、坂上さんが愛犬らと一緒に暮らすためのセカンドハウスを探すレギュラーコーナーが放送されていたが、こだわりが強いせいかやっぱり今回も坂上さんが物件を買うことはなかった。まぁ、購入してしまったらこのコーナーが終わってしまうので、きっとそう簡単には買わないのだろうけど。最近では、この番組が続く限り坂上さんはセカンドハウスを探し続けるのかなとも思っている。

 番組の後半からは“結婚できない男前芸能人”として、ラーメン王の石神秀幸・元いいとも青年隊の神田利則・俳優の戸次重幸の三名が登場したのだが、彼らの言動はスタジオの女性ゲスト陣らを終始イラつかせてしまうのであった。

 まず、グルメ過ぎる石神さんは以前出演したトーク番組でも女性が引くような話をしていたのだが、今回の放送でもだいぶ感じの悪い言動が目立っていた。付き合った彼女の手料理を食べたくない理由として、

「人生において食事ができる回数なんて限られているのに、素人の料理で一回(食事が)無駄になる(のが苦痛)」

 と憂いていたのである。手料理が原因で彼女と破局するという彼は「女よりもグルメを優先する男」なのである。グルメを愛し過ぎるために、ずっと結婚を逃して来たようだ。

 二番目に紹介された神田さんはいつの間にかテレビで見かけなくなっていたが、現在はスーパーやコンビニの業務用冷蔵庫を設置する内装業をやられているとのこと。43歳になった今でもまだまだ男前だというのになぜ独身なのだろうか?

 理由はすぐに次のVTRで検証されていた。神田さんは、帰宅すると洗面所へまっしぐらで指の関節・指紋・しわの隙間まで約10分ほど手を洗いまくらないと気が済まないという潔癖性であった。付き合った彼女にも必ずこの手洗いをやってもらうそうで「女性に潔癖を強要する」ということが結婚できない理由らしい。

 他にもお風呂は一日二回一時間ずつ入り、体を洗う際にはボディソープを17~18ポンプも押して体中をガッツリ泡だらけにするそうだ。そのため、月に8本もボディソープを消費するのだとか! マジすか!? 一人暮らしで月に1本使い切る人がどれだけいるのだろうか? スタジオでも驚きの声が上がっていた。

messy

トピックスRSS

ランキング