セクハラ問題でイノッチの株が急上昇! 有働アナも涙の『あさイチ』特集

messy / 2014年10月15日 17時0分

写真

 10月15日放送の情報番組『あさイチ』(NHK)で、40代女性へのセクハラをテーマに取り上げた。その番組内での、司会“イノッチ”ことV6・井ノ原快彦(38)の発言が、賞賛を浴びている。

 番組では「女性リアル 40代からの“セクハラ”」と題して、40~60代の年齢層の女性に対するセクハラ問題を特集した。視聴者取材をもとにしたセクハラ体験の再現VTRが流れた後、井ノ原は「同じ男と思われるのが嫌じゃないですか」と、VTR内の男性の行動を非難。VTR中に登場する、「旦那さん若そうだけど夜の方も元気?」とセクハラ発言をかました学校教頭に対しては「黙れ、ジジイ!」とも発言していた。

 その後井ノ原は、有働由美子アナ(45)への日常的なセクハラに斬り込んだ。未婚であることやワキ汗、肉食系熟女などとたびたびネタにされてきた有働アナ。これを実は井ノ原は看過できない問題と見ていた。以前の放送で、有働アナと同期の中谷文彦アナが、「有働さんの(巻いたスカーフは)は熟女仕様ね。くすんだ顔も明るく見える」などと発言しており、視聴者から「セクハラではないか」と意見が相次いだことを受け、井ノ原は「実際、どう思いますか?」と彼女に話を振った。

 井ノ原から問われた有働アナは、「中谷君は、同期で、そういう関係性もあるので。何を言われても、楽しませようとか冗談で言ってるのがわかるから大丈夫」と余裕を見せたが、井ノ原は表情を歪めて、「この番組でも僕、思うことありますよ、いろいろ」と、さらに話を掘り下げていく。

「有働さんって、切り返しが上手だったり、『いいよいいよ、どうぞ笑って』っていうところがあるから、すごくみんな救われるんだけど、ここ(=番組)で有働さんにそういうネタを振ることによって、『あ、ひと笑いとれる』って思った人がですね、たとえば飲み会とかでやっちゃったら(まずい)」
「別に、この人が強いから言っていい、とかじゃなくて。相手がどう思うかってことを常に考えないと。ほんとに、そのつもりがなくても、加害者になっちゃうわけなんで」
「(何を言っても)『全てがいいわけじゃないんだよ、有働さんに対して』って僕思うのよ」
「何かしら、『縁結びの神様がいたら、必ず有働さんに話を持っていく』とか」

 畳みかけるように、番組での有働由美子アナの扱いに言及していく井ノ原。これに有働アナの両目は潤み、多くの視聴者から「さらに好感度上がった」「イノッチ、男前すぎる」と賛美の声が上がった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
messy

トピックスRSS

ランキング