「睡眠時間を自在に操る!?」ノリノリ藤原紀香が明かした驚きの私生活

messy / 2014年10月28日 18時50分

写真

 10月17日に放送された『スタジオパークからこんにちは』(NHK)では、女優の藤原紀香がゲスト出演していた。スタジオ前の廊下でたくさんのギャラリーが待ち構えているオープニングの登場シーンでは、スタイルが抜群過ぎる紀香さんのダイナマイトボディーに、羨望の眼差しが浴びせられまくっていた。若い女性やマダムやおじさま方から「わ~♪」「フ~ッ!」「ウ~ウッ♪」とノリノリの歓声と拍手が湧き上がり、彼女が幅広いファン層に支えられていることがうかがえた

 彼女は、現在同局にて毎週土曜日の21時から放送されているドラマ『ボーダーライン』に出演中。シングルマザーとしてひとり娘を育てながら、消防署に救急救命士として所属し、救急隊長を務めるというたくましい女性・松井楓(まついかえで)役を熱演している。

 番組前半では紀香さんが同ドラマに出演するにあたり、クランクイン前や撮影が休みの日を利用して、何度も消防署に足を運んで消防訓練に参加したり、楓役のモデルとなるような女性の救急隊長から体験談をじっくり聞いたり、アドバイスをいただいた旨を自ら熱く語っていた。物語のリアリティーを追求するために紀香さんが並々ならぬ努力と情熱を注ぎ、体当たりでこの役に打ち込んでいる様子がとても伝わってきたのであった。

 確かに同ドラマでは救急救命士として必死に任務を全うしようとするリアルな人物像が描かれていて、“藤原紀香”らしい色っぽい華やかさは影を潜めている。まぁ、救急救命士の制服を着ていても、地味目なシングルマザーの服装をしていても、彼女のやたら長い足だけはどうしたって目立ってしまい「紀香やで~!」アピールがひょっこり顔を出して来るのだけれども……。

サイボーグ・ノリカ

 ひと通り話を聞いて、紀香さんのドラマにかける情熱も素晴らしかったのだが、私は番組中盤に用意されていたコーナーのほうが興味深かったのである。やたら厳かで大袈裟なBGMに乗せて、スタジオ中央に設置されたモニター画面に映し出されたのは「“藤原紀香”伝説」という仰々しいタイトルだった。これには紀香さんも手を叩いて大ウケしていた。

 世間で囁かれているという“紀香伝説”について「直接ご本人に聞いちゃうぞ!」というコーナーだとのこと。「デデン・デン・デデン♪」という『ターミネーター』のBGMに合わせて最初に挙げられたのは「“サイボーグ美人”伝説」だった。MCの伊藤雄彦アナウンサーは当然「それはない!」とわかっているものの、ノリツッコミばりに「サイボーグなんですか!?」と、一応問いかけてみると紀香さんは、

messy

トピックスRSS

ランキング