ティッシュ一箱のおつかいで3万!? 木佐彩子を悩ます夫・石井一久の“奇妙な生態”

messy / 2014年12月5日 17時30分

写真

 今年の春、吉本興業に契約社員として入社したことが話題になった元プロ野球選手の石井一久。社員としての裏方業務に就きながら、タレントとしても活動しているためテレビで時々見かけるわけだが、バラエティーやトーク番組に出演する際には、フリーアナウンサーとして活躍中の妻・木佐彩子とペアで登場していることが多いようだ。

 11月27日に放送された『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)でも、やはり仲良く夫婦揃ってゲスト出演していた。なんでも、木佐さんが石井さんのおかしな生態について頭を悩ませているということで、番組で徹底追及することに。

「最近ちょっと(夫の行動が)ひどいので、今日はみなさんに見ていただき、“公開お説教”をしていただこうかと……」

 と、番組MCの有吉弘行と櫻井翔に切実に訴えかけた木佐さん。前からかなり変わり者っぽい印象のある石井さんだが、果たしてどんなおかしな行動で奥様を困らせているのだろうか?

家にあることが大事

 早速、プライベートの石井さんを追っかけた密着VTR映像が流れ始めた。いつ撮影された映像なのかはさだかではないが、Tシャツに薄手のハーフパンツという夏っぽさを感じる相当ラフなファッションで都内のホームセンターに現れた石井さん。

 今回は奥様から“おつかい”を頼まれたそうだ。渡されたお買い物メモには「ティッシュを1コ買って来て下さい」というたったひとつの依頼のみが書かれていたので、速攻で終わるお買い物のはずなのに(近所のコンビニかドラッグストアでもいいのでは?)、まるで必要のないショッピングカートを手にしたところから石井さんの“おかしな生態”が始まった。

 店内に入るや否や「あ! 電池がない!」と思い出したかのように電池売り場で立ち止まり、大量の電池を物色。撮影スタッフも「こんなに使います!?」と驚いて思わずツッコんでいた。石井さんは電池を次々とカートに入れながら「あったら助かるじゃないですか~♪」とサラッとひと言。結局電池売り場では、単二→10本・単三→50本・単四→50本の計110本もの電池をゲット。ちょっとちょっと~、そんなにいっぺんにいらないっしょ……。ここで石井さんは決めゼリフを言うのである。

「使う使わないはとりあえず(おいといて)、“家にあること”が大事なんで」

 と、なんとなくカッコイイ風に発言したものの、スタジオからは苦笑の声がチラホラ聞こえてきてしまうのであった。そう、この無駄な大量買いこそが奥様を悩ませているのである。同行スタッフが石井さんに「なぜ大量買いをするのか?」と問いかけたところ、

messy

トピックスRSS

ランキング