「俺が判断なんてしちゃいけなかった」亀梨和也&山下智久コンビ、復活までの12年間

messy / 2017年4月14日 14時0分

写真

 皆さん、ごきげんよう。アツこと、秘密のアツコちゃんです!

 4月15日の土曜日、ついに『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)がスタートするわよ~! 主演は亀梨和也くんでヒロインは木村文乃さん、そして山下智久くんが出演するというワクワク魅惑的なキャスティングのラブコメなんだけど、ファンの皆さんの間では、亀ちゃんと山Pといえば2005年10月から放送された同局ヒットドラマ『野ブタ。をプロデュース』を思い出す人たちが多いんじゃないかしら? 始まる前から期待値MAXだから、取材陣もいろいろザワザワしちゃってるのよね。

 何といっても話題その①は、同枠が今回から夜10時スタートになるという点。今まで日テレの土曜ドラマは“土9”と呼ばれ、長年に渡り夜9時からの放送だったのよね。そりゃあ数々の名作を生み出したものよ。亀ちゃんも出演していた『ごくせん』はじめ、堂本剛さん主演の『金田一少年の事件簿』、堂本光一さん主演の『銀狼怪奇ファイル』、長瀬智也さん主演の『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』、松本人志さんと中居正広さんが主演した『伝説の教師』などなど多くの学園ドラマを輩出し、人気を集めていたのよね。『野ブタ。をプロデュース』だってそう。

 亀ちゃんは「今まで土曜9時のドラマにたくさん出させていただきました」と感慨深げに話しつつ「思い出のある枠ですが、今回から大人のドラマも放送するそうなので、夜10時の新しい顔を楽しんでいただけたら」と全力推し。うん、もちろん応援するよ! と声を大にして言いたいけど、この編成が吉と出るか凶と出るか、先が読めなくてちょっと怖い。日テレは土曜9時放送の『嵐にしやがれ』と相乗効果を! と踏んでいるんだろうけど(もっと言えば土曜7時からは相葉雅紀くん出演中の『天才!志村どうぶつ園』も放送されているから、ジャニーズ頼みの土曜夜なわけなんだけど)本当に大丈夫なんだろか?

 こんなこと言いたくないけど、亀ちゃんは悲運の“低視聴率王子“と噂され、2009年の同局主演ドラマ『神の雫』は全身全霊で頑張っていたにも関わらず視聴率が全く伸びず、「火曜夜10時ドラマを終わらせた男」なんて呼ばれた時もあって……。もちろんそれは亀ちゃんのせいじゃなくて、制作陣の読みが甘かったのよ。不甲斐ない結果になっちゃったんだけど、いつどんな時も文句ひとつ言わず、最後まで努力を怠らず、打ち上げでも「ボクの力不足で……」なんて挨拶して、「もうどんだけ男気があるんだよ!」って思わせる男が亀ちゃんなのよね。だから今回こそは何としてもいい結果を出してほしくて、ついつい心配しちゃうの。



 話題その②はやっぱり亀ちゃん&山Pコンビの復活よね。ドラマは、亀ちゃん演じるモテるけど女運のない中堅サラリーマンの誠が、木村文乃ちゃん演じる初恋のお相手・晴子と再会し「彼女こそ運命の人だ! これが運命の恋だ!」と思い込み、猛アタックを開始するというラブコメ。山Pは自称・神を名乗る謎めく男に扮して、誠の恋をお邪魔……じゃなかった、後押しするという役どころ。亀ちゃん&山Pコンビは本当に見事というしかないぐらい息ピッタリ。山Pが「中学生のころからの付き合いで友達だったから、2人にしか出せない空気感とかが自然に出るんじゃないかな」と言えば亀ちゃんも「その辺はあうんの呼吸というか」とニッコリ。

 とはいえ、ファンの皆さんもご存じだろうけど、一時は不仲説が流れていたことも事実。2人は実家が近くて、他にも二宮和也くんや相葉雅紀くん、赤西仁くんなんかもいわゆる“総武線仲間”。ジャニーズJr.時代は一緒に電車に乗って移動してたし、お互いの家を行ったり来たりで仲もよかったんだけど「思春期にはいろいろあったよ。ケンカもした。ずっと仲が良かったわけじゃない。山Pとはいろんな意味でライバルでもあったからね」と亀ちゃん。そういえば『野ブタ。~』の時も2人して「最近、やっとまたお互いを認め出して付き合い始めたんだ。いろいろあった。でも結果、話し合って誤解を解くこともできた」って言ってたっけ。「ずっと仲良しこよし」を無理に強調せず、正直に「お互い大っ嫌いな時もあった」と言える亀ちゃん&山Pの仲こそ本物だろうし、こ~ゆ~ところがすごくカッコイイと思うの。“ビジネス友達”じゃない感じがしてイイ!

 最近の撮影現場でも文乃ちゃんや他の共演者の皆さん、スタッフたちを巻き込んでずっとお話してるし、大声で笑いあう姿は清々しいほど。亀ちゃんが兄のように慕う「拓哉くん」こと木村拓哉さんのように、撮影の合間は楽屋に帰らずに、収録スタジオの前にある“前室”にずっといて、セリフ合わせをしたり、シーンについてあ~しようこ~しようと真剣に話し合ってるの。12年前とはまた違う大人の職人2人の姿が見れて惚れ惚れしちゃうわ。

 文乃ちゃんも「2人のシーンはほとんどアドリブで、本当にびっくりしてしまいます。山下さんの繰り出す毎回違う急なアドリブに、亀梨さんはすんなり対応していらっしゃって。私には絶対できません」って感心してたけど、山Pは「亀だからどんなアドリブも安心して出せる。亀じゃないと怖くてできないもん。俺たち、根っこが一緒なんだなって思うんだ」としみじみ。対する亀ちゃんは「山Pのどんな球も全部受け取って、OKテイクに持っていくのが俺の役目だと思ってる」って、さりげなく男の熱い友情話をしてくれて……。もう12年前のことなんて話せなくなっちゃうじゃない。話しちゃうけど(笑)。

12年前の「尖ってた亀ちゃん」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
messy

トピックスRSS

ランキング