紗栄子も公言した脂肪吸引手術&経過をテレビで公開!「死ぬかと思った」リスクもゼロではない

messy / 2018年4月4日 23時35分

写真

 4月4日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にて、矢部みほ(40)が二の腕の脂肪吸引を告白し、施術の詳細や術後の経過を公開した。今年41歳になる矢部みほは、脂肪吸引を決意した理由について「いい40代を過ごしたい!」「悩んだり迷ったりしている時間がもったいない」「これ以上コンプレックスを抱えて生きていくのは嫌なので、スッキリしたい」と語った。

 矢部みほは、かねてから家族や友人に「みほちゃん、腕出さないほうが良いよね」と二の腕の太さを指摘されてきたことでコンプレックスとなり、極力袖の長い洋服を着て過ごしてきたという。二の腕を細くすべく、7~8年前から加圧トレーニングに通っているものの鍛えれば鍛えるほど太くなってしまい、ジョギングやエステなどにも時間を費やしたが、効果はなかったそうだ。

 今回、矢部みほが受けた施術は、湘南美容クリニック・両国院の「VASER脂肪吸引」。傷口が目立ちにくい脇と肘の2箇所から管を入れて脂肪を溶かして吸引する手法で、術後の痛みや内出血を最小限に抑えることが出来るそう。金額は、番組では明かされなかったが、公式サイトによると【二の腕】は198,000円、【二の腕全周】は248,000円とのこと。

 約2時間程度で手術を終えた矢部みほは、両腕で計300gの脂肪を吸引。手術直後には、二の腕を触りながら「ここの脂肪がなかったの! めっちゃ嬉しかった! もうプルプルしなくて良いんだって!」と笑顔で帰宅していた。

 しかし担当医によると、理想の形が得られるのは3カ月後とのことで、だいたい2週間半くらいは浮腫みと内出血が目立つという。実際に矢部みほも、1週間後の経過報告では腕全体が腫れ上がり、内出血で紫色に変色している痛々しい様子を公開し、「細さという面ではまだ実感できていなくて、それも浮腫んでいるので、正直もともとの腕よりも今日の時点では太く感じます」と語った。

 そして2週間後には、二の腕全体で見ると「正直まだ細くなったという実感はわかない」としつつも、二の腕の外側のラインは細くなっていることを明かした。実際に、施術前写真と比較してみると確かに細くなっており、すでに内出血は綺麗に消えていた。

 矢部みほのように脂肪吸引を公言している芸能人は多く、11年11月発売の『an・an』(マガジンハウス)では、紗栄子(31)が「『キレイの秘訣はクリニックです!』美女3人のおすすめ施術&メンテ法」という企画にて『ウルトラアクセント』を紹介。さまざまな施術を試した当時の紗栄子が最終的に行き着いたのが『ウルトラアクセント』だったそうで、超音波を肌に照射して脂肪細胞を破壊した後、高周波を照射することで脂肪細胞の排出を促すという“エステ感覚の脂肪吸引”とのこと。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
messy

トピックスRSS

ランキング