安達祐実の実家が恐怖すぎる!! 名物母・安達有里と禁断の共演で…視聴者「見てはいけないものを見てしまった」

messy / 2019年1月20日 6時0分

写真

 

 1月17日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、安達祐実が出演。番組は当初、安達祐実が20歳まで住んでいたという浅草でロケを行い、いきつけという下町っぽさバツグンのお好み焼き屋さんでお好み焼きを食べ、まじでかわいすぎる安達祐実に癒されるという平和的な雰囲気だったのですが……しかし、突如として安達祐実の実家ロケがスタートし、お騒がせ母の登場&異常すぎる光景が繰り広げられました。

 お好み焼きを食べつつ、地元トークで盛り上がっていた安達祐美。ひょんなことから、急きょ実家ロケを強行することに。イチ視聴者としては嫌な予感がアリアリでしたが、安達祐実と我が家の坪倉由幸はさっそく直行。ご実家は2階建ての5LDDKとのことで、筆者は「へーこれが、安達祐実が2歳から稼いで建てた“同情するならカネをくれ”御殿か」などと興味深く眺めていました。

 そこへ聞こえてきた、「いらっしゃいませ~」と言う艶かしい声……出た! 安達祐実の“名物母”が、満を持してお出迎えです! そう、2006年に伝説の誰得ヘア写真集『Myself』(バウハウス)を発売し、世間を騒然とさせた、あの安達有里さん(61)です!!

 有里さんは2008年、2ndヌード写真集『Beauty Smile』(晋遊舎)の撮影のために600万円をかけて全身美容整形したり、2009年には官能DVD(AVじゃないらしいです)デビューを果たしたりと、まさにやりたい放題のお騒がせママだったのですが、最近は表舞台からとんとご無沙汰。そのためか、坪倉が「いきなり来ちゃって大丈夫ですか?」と念押しすると、有里さんは「私は大丈夫だけど~」と、とってもウキウキのようす。

 ともかく一行は、有里さんのアテンドで2階へ。すると……リビングダイニングはなぜか、壁のそこかしこにきんきらきんのモールや電飾などが飾りつけられ、ぶらぶらと垂れ下がっています。なんとも独特のセンス……なのですが、なんでも有里さん、クリスマスは毎年、友人をたくさん(最大70名)呼んでパーティーを開くパリピなのだとか。これはそのための支度のようです(収録日はクリスマス前のもよう)。

 このご実家には現在、有里さんのほか、父、兄(俳優の安達哲朗)、弟(タレントの安達大)が住んでいるとのこと。安達祐実が実家を出た20歳まで使っていた自室は現在、弟さんの部屋になっているようです。

 その部屋にカメラもお邪魔したのですが……そこには驚愕の光景が! なんと、壁一面びっしりと落書きだらけじゃありませんか!! もはや、ホラー映画のそれです。ちなみに落書きの文言は、「義人」「味方」などの標語系(?)のものから、「好きって気持ちは理屈じゃない。」「世の中『金』だ!!」など、湧き出る心の声(?)まで……コレ、弟さんが書き殴ったってことですよね……? たしかに前衛芸術っぽく見える気もしなくはないですが……いや、どう好意的に解釈しようとしても無理です。怖いんです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
messy

トピックスRSS

ランキング