新井浩文逮捕で思わぬ飛び火、元交際相手・夏帆へのバッシングが酷すぎる!

messy / 2019年2月13日 0時45分

写真

 2月1日に強制性交の疑いで逮捕された新井浩文被疑者。報道によると、新井被疑者は派遣型マッサージ店の女性従業員を自宅に呼び、頭を押さえつけるなど性的暴行を加えたという。

 新井浩文被疑者は容疑を一部否認しているが、逮捕の一方を受けてから世間では完全に“強姦魔”扱いされており、「余罪多数」と見る向きも強い。

 この騒動に巻き込まれてしまった芸能人がいる。新井被疑者と交際していた女優の夏帆だ。新井被疑者と夏帆は家族ぐるみで交際しているとして、飾らないデート風景を写真週刊誌に撮られていた。

 だが逮捕後になって、複数の週刊誌が新井被疑者と夏帆の破局を報道。2人は昨年末に別れているという。一方で新井被疑者がマッサージ店の女性を自宅に連れ込んだのは、昨年の7月1日。つまり彼は事件を起こした当時も、夏帆と交際中だったことになる。

 また「週刊文春」(文藝春秋)は、新井被疑者が昨年7月以前からデリヘル嬢に“本番強要”をしていたと報じた。本番強要の被害にあった女性は、「当時私は新人でした。ドスの利いた声で本番を求められ……。怖くて泣いてしまったのですが、そのまま続けようとしたんです」と告発。また別のデリヘル嬢は、「『彼氏いる?』と聞かれたので『はい』と答えると、興奮し始め『彼氏はこんなバイトしてるってこと知ってるのかよ』と言い放ってきた。あなたの恋人は知ってるのかよ、とも思いましたが……」と証言していた。

 デリバリーヘルスはフェラチオや手コキ、素股などの擬似セックスをサービスとして取り入れているが、ペニスを膣に挿入する「本番行為」は明確に禁止されている。新井被疑者が場慣れしていない新人風俗嬢を狙っていたというのが事実であれば、非常に悪質な行為だ。



 これらの告発が事実なら、夏帆はあまりにも気の毒だ。浮気がどうとかいうレベルではない。どう考えても彼女は“被害者”の1人だが、ネット上では夏帆への心無い声も発生しており、“犯罪者の元恋人”というレッテルを張るネットユーザーまで出ている。

 「事件とは関係ないだろうけど、新井とつき合ってたってだけでドン引き」「強姦魔とヤってたとかイメージ最悪だな」といった声のほか、「夏帆が満足させてあげられなかったから事件が起きたんじゃ?」などとはやし立てるユーザーもおり、最悪の事態に発展している。ネット上には一定数“理由はないけど叩きたいから叩く”だけのユーザーがいるものだが、さすがにこれは悪質だ。

 3月からは主演映画『きばいやんせ! 私』の公開が控えている夏帆。彼女の今後の女優活動に影響はないと考えられるが、この映画のタイトル通り、頑張ってほしい。

messy

トピックスRSS

ランキング