元AKB48島崎遥香の奇行がヤバイ? 奇声、モテたい願望の吐露、ツイート全削除も

messy / 2019年4月17日 0時30分

写真

 元AKB48の“ぱるる”こと島崎遥香が「奇行に走っている」と、「覚醒ナックルズ」が伝えている。AKB在籍時から変わったキャラを確立していた彼女だが、そんなに迷走しているのだろうか? それによれば、島崎は夜な夜な渋谷界隈のバーへお出かけ。友人女性と来ても、1人で朝方まで飲んでいるという。うん、酒に強い。

 しかし酒に強い話なのかと思いきや、飲食店関係者が「大人しく飲んでいると思ったら大声をいきなり上げることも」「彼女が入ったトイレからは、奇声が聞こえることもある」等と証言しており、一気にコワい話になってしまう。果たして本当なのだろうか。

 アイドル時代の島崎遥香といえば“塩対応”が有名で、脱力した姿が人気を博した。2016年末にAKBから卒業した後は、ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)や連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)といった話題作に出演。女優として着実なキャリアを築いているように思われた。

 しかし4月3日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)で、せっかく築いた塩イメージをぶち壊すようなキャラ転換を披露して話題になっていたのも事実。現在“男ウケを狙っている”と告白し、男性にモテたいという彼女は、「いろんな人から告白されてみたい」と暴露。ネットで“男ウケ メイク”や“男ウケ 髪型”と検索し、YouTubeで“モテるための仕草”を勉強中だという。

 もちろん「モテたい」と思う気持ちには、何の違和感もない。しかしテレビでわざわざモテたいと明かせばますますモテないだろうし、そこそこモテるキャラだったはずの彼女の「モテたい願望告白」は笑いを生むというより戸惑いの空気をスタジオに張り巡らせていた。



 AKB卒業前の2016年10月には、自身のInstagramアカウントを削除、その2週間後にはTwitterの投稿を削除して話題になったこともある。彼女は『島崎遥香のぱるラジ!』(文化放送)で「映画『何者』の影響で消しちゃっただけ」と説明していたが、ネット上では様々な憶測を呼んだ。

 ちなみに彼女は、今年1月15日に「今日で走り続けてきた9年間が全て終わりました。明日からは白紙。0からのスタートです。まずは荒れ果てて汚れてきたモノタチの掃除から。そしたらキレイなミライがあるような気がして」とツイート。そのあとに再びツイートを削除したようで4月15日現在、5件しかツイートが無い状態だ。

 2016年7月にアップされた「MANTANWEB」のインタビューでは、芸能活動について「特に何になりたいっていうのはないんですけど。流れに任せて……」「これまでも流れに任せてきたので、これからもふわっとした感じでいいかなって」と語っていた島崎遥香。流されるままに続けてメンタルが壊れてしまったら元も子もなく、少し休んでもいいのでは?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング