しゅわしゅわはじける☆ソーダみたいな爽やかグラデネイル

michill / 2018年8月5日 11時0分

写真

まだまだ暑い日が続きますね。こんなに暑いとネイルもついついひんやりと涼しげな寒色系ネイルに目が行きます。今回は指先から清涼感を感じられるようなひんやりブルーなネイルをご紹介します。イメージはしゅわしゅわはじけるソーダ!指先から涼を取り入れて暑い夏を乗り切りましょう。

イメージはソーダ

今回のネイルのイメージはずばりソーダ!しゅわしゅわはじけて爽やかなソーダのようなネイルにしていきます。

まずは使うものを揃えましょう。

今回は
・キャンドゥのリキュールネイル2のオリオンブルー
・オーロラカラーの丸ホロを大小
用意しました。

リキュールネイルでなくても透明感のあるシアーなブルーであればOK。
ホロは丸ホロを使います。光の具合で色々な色に見えるオーロラカラーのものを大小2サイズ用意しました。

他にはお好みのベースコートとトップコートを用意しましょう。

グラデ+丸ホロ=ソーダネイル!

では、やり方です。
いつものようにベースコートを塗ったら始めましょう。

① 爪先1/4にリキュールネイルのオリオンブルーを塗ります。塗ったら乾かします。

② 続いて爪先から2/4ぐらいまでにオリオンブルーを塗ります。ここでもしっかり乾かします。

③ 爪先から3/4ぐらいまでにオリオンブルーを塗ります。グラデーションにしたらその都度しっかり乾かしましょう。

④ グラデーションが乾いたら一度トップコートをします。リキュールネイルを使うと境目の目立たない自然なグラデーションができますが、トップコートをするとよりなじみます。

⑤ トップコートを糊代わりにしてホロをつけていきます。大きなホロを3つほどV字もしくはその逆になるようにのせます。

⑥ 続いて、小さいホロを大きなホロの間を埋めるように5~6つほどのせます。バランスを見て、ランダムに散らします。

⑦ トップコートを使ってしっかりとホロを埋め込んだから出来上がり。

グラデーションをしたあとに一度トップコートを塗ることでグラデーションが自然になります。
色の境目が目立たなくなるだけでなく、奥行き感も出ます。

ホロはしっかりとトップコートをして埋め込みましょう。
埋め込みがあまいと、ひっかかったりはがれたりする原因になります。

2回~3回ほどトップコートをするとさらに奥行き感もプラスされ、ちゅるんとした仕上がりになります。

爪先から感じる清涼感

今回はソーダをイメージして、爪先から清涼感を感じるネイルをしました。

ブルーネイルは苦手…という人もいるかもしれませんが、爪先にほんのりのせるので挑戦しやすいかと思います。

暑い日が続くとついつい『涼』を求めてしまいますが、爪先からひんやりとしたネイルで取り入れるのもオススメです。
ブルーではあるけれど、奇抜なデザインではないのでファッションの邪魔にもなりにくいです。

普通のグラデーションネイルに飽きたなぁというときにいいかと思います。ぜひためしてみてくださいね。

「#グラデーションネイル」の記事をもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング