大人女子の夏の足元、似合うのは原色レッド?深めボルドー?

michill / 2018年8月1日 11時0分

写真

8月になりサンダルになる機会も増えてくると思います。レディライクなフットネイルといえばやっぱり“赤ペディキュア”!しかし赤といってもその色味は幅広いです。今回は真っ赤(原色に近い赤)とボルドー(深めの赤色)にはどんなテイストが似合うのか、簡単なネイルのやり方と共にご紹介します。

使用するアイテム

・ネイルポリッシュ1~3本
・ストーンパーツ(セリア)
・リーフ型スタッズやブリオン(100均)
・半球パール(ネット通販)
・アクリルストーン(ダイソー) 等

原色レッドで大人カジュアル!ソフトボヘミアンネイル

・OPI N25、ACネイルフィックスグロストップコート

こんなパーツを使ってみました。100均で購入できるものばかりです。

ネイル手順

ベースコートを塗った爪をしっかりと乾かしたら、原色に近い赤マニキュアを全ての爪に塗っていきます。
こういったカラーはキワをキレイに塗らないと格好悪くなるので、キワのライン取りには特に注意してみて下さい。

足の爪は親指以外は小さく、アートが目立ちにくいので今回は親指のネイルアレンジをメインにしてみます。

赤マニキュアが乾いたら、キャッツアイ型のターコイズ風パーツをトップコートを糊の代わりにして乗せます。ちょうど爪の中央辺りだとバランスが取りやすくなります。

乗せたパーツの左右に、リーフ型のスタッズを置きます。

ターコイズ風パーツの上下にブリオンを乗せます。

ストーンの左右には先ほどのリーフ型スタッズを更に置きました。この幅がなければブリオンで埋めても◎。

赤×ターコイズは大人のカジュアル感がでます。ボルドーよりもフレッシュで元気なイメージの足元ですよね。ウェッジソールのサンダルを合わせたくなります♪

深みボルドーで上品!パールフットネイル

・ジーニッシュマニキュア21セイクレッド、ネイルホリックSV002、ネイルホリックアートSV082

アクリルストーンは100円ショップ、半球パールはネイル問屋さんがオススメ。

ネイル手順

ベースコートを塗った爪をしっかりと乾かしたら、深めのボルドーのマニキュアを人差し指以外の爪に塗ります。

親指にはシルバーラメのアート用マニキュアで、爪根元に半月型にカラーを塗っていきます。

今回は半球のホワイトコットンパールを使用しました。
中央に大きめのパールを乗せたら、左右には中央のものより少し小さめのパールを置きます。

下地がキラキラしているのでパールもよりキレイに見えます。
厚みが出るかと思いますので、トップコートは特にしっかりと複数回塗って下さい。

人差し指はシルバーカラーにして抜け感を。他の爪の根元にはアクリルストーンを乗せました。

ボルドー系はやはり色っぽさが出ます。“夏の赤”と言ったら先ほどのようなレッドが一般的かもしれませんが、上品さと女性らしさではこちらに軍配があがるかと思います。

ハンドネイルは派手にできなくても、フットネイルなら多少の遊びができることもあるかと思います。お好みの赤を見つけて足先までHAPPYにしませんか。

「#赤ネイル」の記事をもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング