手持ちアイテムにプラスするだけ!おすすめ秋顔アイメイクコスメ

michill / 2018年9月20日 10時0分

写真

まだまだ残暑厳しい季節ですが、そろそろ秋色コスメを取り入れたい気分ですよね。とはいえ、秋らしいメイクを楽しみたいけれど、どうすれば良いかわからないというお悩みはないでしょうか。そんな皆様に向けて、お手持ちのアイテムにプラスするだけで秋らしくなる、アイメイクコスメをご紹介します。

フィルムとウォータープルーフのいいとこどり!第3のマスカラ秋らしい限定色

ヒロインメイク ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム/限定色 モーヴピンク 1,200円(税抜)

お湯と洗顔料で落とすことができるフィルムタイプと水や汗に強いウォータープルーフタイプのいいとこどりをしたハイブリットマスカラの限定色、モーヴピンクは、気軽にほんの少し秋らしさをプラスしたい、という方におすすめ!

派手すぎず、大人可愛いモーヴピンクの中に入った繊細なラメが、上品で色気の漂う目元へと導いてくれます。

お手持ちのアイシャドウをとこちらのマスカラを合わせるだけで、適度な抜け感がでて、秋らしい目元に。

今季トレンドの赤シャドウやマットブラウンシャドウとも相性抜群! カールキープ力・伸びも秀逸で、色味も秋らしく可愛いので持っていて損がない! 見つけたら即買いして。

みずみずしい艶と立体感が叶う新感覚リキッドシャドウ

SUQQU グロウ タッチ アイズ/05 曙染 -AKEBONOZOME 3,700円(税抜)

大人気コスメブランド、SUQQU初のリキッドシャドウ。

まばゆいばかりの煌きを持ちつつ、ぼかすとまぶたにピタッと密着してヨレず、しっかりのせると大胆な発色になるという、塗り方によって全く違う発色を楽しめるのも一つの特徴です。

中でも、“05 曙染-AKEBONOZOME”は温もりのあるピンクレッドなので、ピンクすぎずボルドー過ぎず絶妙な色。

角度のあるチップでまぶたに少量なじませちょんちょんと塗りひろげれば、温かみのある目元に仕上がります。繊細なシルバーとピンクのラメのおかげで品のよいツヤが目元に宿ります。

もちろん単色だけで仕上げても手軽に完成度の高いアイメイクになりますが、ベースにほんのりのせれば秋らしいニュアンスが加わるので、お手持ちのアイシャドウを一気に秋らしい色味へと変化させてくれる優れもの。秋のアイシャドウを求めている方には一押しのカラーです。

アイメイクの幅が一気に広がる!カラーライナーを引き続き楽しんで

Dior ディオールショウ オンステージ ライナー/876 マット ラスティー 3,600円(税抜)

定番のブラックから、ヴィヴィットなイエロー、おしゃれなホワイトなど豊富なカラーバリエーションに注目を集めた2018夏トレンドのカラーライナー。

秋も引き続きカラーメイクを楽しんで。「Dior ディオールショウ オンステージ ライナー」は、フェルトチップの筆先はコントロールしやすく太いラインも細いラインも思いのまま。

不器用さんでもムラなくキレイなカラーラインを引くことができるので、アイライナーをうまく引けない…という方に特におすすめ。

バーガンディーのようだけど、もう少し深みのあるダークな色味の“876 マット ラスティー”は、目のキワにほんのり引くだけでも、奥行きのある印象的な目元に仕上がります。

トレンドの赤シャドウや、秋といえばのカーキシャドウなどともベストマッチ。

手持ちのコスメにプラスするだけで、即秋顔になれるコスメをご紹介しました。

暦は秋だけど、まだまだ暑い9月は秋メイクと夏メイク、どっちをすればよいのかわからない…なんてお悩みを耳にすることもあるので、まずは秋カラーをちょい足しして秋メイクにシフトチェンジしませんか?

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

「#アイメイク」の記事をもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング