ロングセラーにはワケがある!プロが教える5大名品デパコスが時代を超えて愛される理由

michill / 2019年9月29日 10時0分

写真

コスメコンシェルジュ、美容ライターの斎藤明子です。デパコスには、発売以来の人気が長く続いている名品が多くあります。そんな、デパコスの名品には「これでなければダメ!」というファンが多いだけでなく、新製品をしのいで新規のファンを増やし続けている傾向があるそう。時代を経て愛され続ける理由は何なのか?探ってみました。

名品デパコス①イヴ・サンローラン・ボーテ/ルージュ ヴォリュプテ シャイン

全48色/各4,100円【税抜】

発売から5年以上にわたって、愛され続けている殿堂入りの人気リップ。

塗り心地の柔らかなリップは今でこそ珍しくないですが、「ルージュボリュプテシャイン」が新登場したときは、唇のうえでとろけるようなテクスチャーが画期的でした。筆者が、長時間つけて乾燥しないと感じた初めてのリップでもあります。

また、マンゴーの香りやパッケージデザインにもファンが多く、トータルで女子力アップ効果の高いリップととらえることができそうです。

シーズンごとにトレンドカラーの新色が発売されますが、ご自分の肌色がいちばんきれいに見えるカラーをみつけて、定番色としてリピートしている方が多いのも、このリップのファンの傾向です。

同じパッケージのシリーズとして、より透け感があってナチュラルな仕上がりの「ヴォリュプテ ティントインバーム」、発色・潤い・ボリュームをひと塗りで叶えるプランプタイプの「ヴォリュプテ プランプインカラー」も人気。仕上がりの好みでチョイスして。

名品デパコス②シャネル/スティロ ユー ウォータープルーフ

全17色/各3,200円【税抜】

シャネルのアイメイク用コスメはどれも長く愛され続けているロングセラーばかりですが、ウォータープルーフのペンシルアイライナーもそのひとつ。

はじめは、海外旅行の際、免税店でなんとなく手にして使ってみたら使い勝手がいいので手放せなくなったという声もよく耳にします。

人気の理由は、第一にとにかく描きやすいこと。するすると描けて、ラインががたつきません。また、にじまず落ちにくいのもポイントです。

そして、見逃せないのがメンテナンスのしやすさ。専用シャープナーが内蔵されている構造が発売当初は目新しく、いつでも描きやすい状態を保てる便利さも人気の理由のひとつとなったようです。

また、色展開の多さもシャネルならでは。瞳の色や肌の色、なりたい印象にあわせてぴったりのカラーを選ぶことができます。(※画像は943-ブラン アギャペと、949 ーブラン グラフィック。)

今期トレンドのホワイトライン943は、下瞼のまつ毛の内側にひくと、白目が際立ち透明感が宿る優れもの!

蛍光ホワイトではなく、黄味肌にもなじみ、透明感も演出できる絶妙な白なので、浮かずにホワイトラインを引くことができます。粘膜にも描きやすく、よれずにホワイトが長持ち。

ブラウン系949は、やわらかめのアイラインとして使えるカラー。

アイシャドウの締め色の内側に仕込みラインとして入れると、アイカラーが落ちてもラインが残り表情がぼけません。まぶた全体にのばしてアイシャドウとしても使えます。

名品デパコス③ルナソル/アイシャドウ スキンモデリングアイズ

全2色/各5,000円【税抜】

ルナソルのアイシャドウにはさまざまなタイプがありますが、どれも人気が高く限定品や限定色はすぐに売り切れてしまうことも少なくありません。

そのなかでも、特に「これでなければ!」とプロをも唸らせるアイシャドウが「スキンモデリングアイズ」です。

ベージュを基調とした4色パレットで「01 Beige Beige」と「02 Beige Orange」の2種があります(画像は「02 Beige Orange」)。どちらも、ハイライトカラーを含めた4色を使ったグラデーションメイクがおすすめ。

色の強さではなく光の反射でグラデーションを作り、自然な立体感を得ることができます。失敗せずに目を大きく見せることができるのも人気の理由。

「01 Beige Beige」は、クセのないベージュとブラウンでどんな肌色の人にも似合います。作り込みすっぴん風のナチュラルメイクにぴったり。

「02 Beige Orange」はオレンジがかったベージュのポイントカラーが印象的。

名品デパコス④コスメデコルテ/フェイスパウダー

全6色/各5,000円【税抜】

ふんわりと軽くなめらかなタッチのお粉。とくに、お粉に思い入れのある美容家がこぞって使い続けているフェイスパウダーです。

人気の理由は、なんといってもまるで肌に溶け込んでいくかのようななめらかさ。

「オーガニックシルクパウダー」に、アミノ酸をコーティングすることによって実現した質感です。

ダマ感ゼロで、仕上がりはどこまでもナチュラル。クリームファンデーションやリキッドファンデーションの仕上げに使うと、崩れにくくなりメイクしたての美しさが長持ちします。

00 トランスルーセント(パールなし)、10 ミスティ ベージュ(パールあり)、11 ルミナリィ アイボリー(パールあり)、12 ルーセント ベージュ(パールなし)、30 シャイニーテコラッタ(パールあり)、80 グロウ ピンク(パールあり)の6色展開。

仕上がりの好みやTPOで質感と色を選べばベースメイクの可能性がぐっと広がりそう。

名品デパコス⑤クリスチャンディオール/アディクト リップ マキシマイザー

全8色/各3,700円【税抜】

元祖プランパーリップとも呼ばれる人気のリップグロス。こちらも、長く愛され続けている殿堂入りコスメですが、2019年1月にリニューアルされ7色展開になりました。

カプサイシン(トウガラシ種成分)配合で、つけるとスースー感が唇を刺激し、それが長時間持続します。このスースーする刺激が唇にハリを与えてくれるそう。

また、ヒアルロン酸や海洋性由来成分を含むコラーゲンが唇の表面をなめらかにして、潤いをキープしてくれます。

つけるとすぐに、まるで丁寧にコーティングを施したようにツヤが宿り、リップの縦ジワが見えなくなります。リップグロスのカテゴリーなので発色は弱め。色よりもつやを重視したいときは単体使用で。発色のいい口紅との合わせ使いで完成度の高いリップメイクに。

今回は、多くのコスメを試す機会の多い美容ライターや美容家、そしてコスメマニアたちが信頼を寄せている人気コスメを厳選しました。

筆者も、何度もリピートしているコスメばかり。確実なメイク効果を狙いたいときこそ、ロングセラーの人気デパコスを、ぜひ、チェックしてみてはいかがでしょう。

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

「#デパコス」の記事をもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング