【シゴトを知ろう】海洋工学系研究・技術者 編

進路のミカタ / 2017年4月21日 12時2分

写真

海に囲まれた日本では、多種多様な海洋調査・研究が行われており、我々の生活にも大きな貢献をしてくれています。海洋調査によって得られるデータを活用するための技術開発に携わるのが「海洋工学系研究・技術者」の仕事です。

今回は、「JAMSTEC地球深部探査センター技術部」の技術主任として、地球深部探査船「ちきゅう」による深海底科学掘削の技術開発を担当している山崎泰之さんに、そのお仕事内容についてお話を伺いました。

■地球深部探査船「ちきゅう」の保守・整備や機器開発を担当している

Q1. 仕事の概要と一日のスケジュールを教えて下さい。

私は、海洋研究開発機構(以下、JAMSTEC)で技術職として働いています。JAMSTECで行っている多様な研究開発活動の中で、我々は「海洋科学掘削」といって、海底下から地層のサンプルや海底のデータを取って来て、地球科学の研究をする分野に携わっており、その中で私はそれらの活動に使用する科学掘削船、地球深部探査船「ちきゅう」の保守・整備や機器開発を担当しています。

海の上で船をある一点から動かないようにコントロールした状態で、何千メートルも下にある海底までパイプを下ろして海底下から地層のサンプルを採取してくるというのは、すごく難しいことで、例えば海流の中でも流れが速い黒潮の流れる地域での掘削をするとなると、海中に下ろす機器が黒潮によって壊れてしまわないよう、技術的に克服しなければならないことがあります。そのために「こういうところにセンサーを付けてモニターしておこう」とか、「パイプがうまく下りていくように(海水の流れの影響を減らすための)パーツをつけてみよう」とか、技術的なアイデアを含めて開発に携わっています。

<一日のスケジュール>
・パターン1(オフィスで仕事を行うときの例)
オフィスにいるときは数年先の作業のための開発の計画をすることもありますし、今日、明日でなんとかしなければならない整備作業の話をすることもあります。協力企業さんとの打ち合わせや仕様のやり取り、出来上がってきた機器などの確認をする仕事もしています。

09:00 出社、メールチェックなど連絡確認
10:00 開発計画の検討、メーカーとの調整など
12:15 昼休み
13:00 実験、データの整備など
19:00 帰宅

・パターン2(乗船作業を行うときの標準的な例)
乗船中は船上で一日中作業する場合もあります。船は24時間体制で仕事をしていて、乗組員は2交代制で働きます。通常であれば6:00-18:00の作業になりますが、我々、技術部の職員は自分が担当する機材を試験するときや、それを使う調査のときに乗船し、必要な時に作業を行うことになります。例えば自分が担当する機材が3時間ごとにセッティングが必要となれば、機器をセッティングして寝て、3時間後に起きてきて1時間作業をして仮眠をとり、また3時間後に作業をするということが3日間続いたりすることもあります。

05:00 起床
06:00 勤務開始
06:30 定例ミーティング
07:00 船上での作業
18:00 業務終了


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

JAMSTECは地球科学や生命科学の研究をしているのですが、そもそもやっていることがほかの会社にはない、ここでしかやっていないことなんです。掘削船は一般には海底下の石油やガスなどの資源開発のために使われる船ですが、我々はそれを科学的な研究目的で運用しています。目的が非常に特殊なので、技術者として要求される内容も特殊なことが多く毎回新しい発見があり、技術者としての仕事を通して、最先端の科学研究の話を聞くこともできます。サイエンスの最先端に携わる仕事ができることがおもしろいですね。また、JAMSTECの拠点や船舶の一般公開などで、知的好奇心で瞳をキラキラ輝かせた来場者との会話も楽しみの一つです。


Q3. 仕事で大変なこと・辛いと感じることはありますか?

科学的な研究のための海洋掘削をしていますが、さまざまな研究目的があるため、掘削する海域の条件も多様です。浅い海での掘削、海流の中でも流速が早い黒潮の流れの中での掘削、水深7,000メートルという非常に深い海域での掘削、海底下に200℃を超える熱水があるような掘削など、研究毎に対応すべき課題が異なり、それに応じて問題を一つひとつ解決していかなくてはならないのが大変なところですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
進路のミカタ

トピックスRSS

ランキング