【シゴトを知ろう】国土地理院で働く人 ~番外編~

進路のミカタ / 2017年5月2日 12時2分

写真

みなさんも小学校のときに使っていた「地図帳」。その大元の地図を作っている機関が国土地理院です。一体どんな人たちが働いているところなのでしょうか。そして地図を作る以外にはどんな仕事があるのでしょうか。国土地理院の早坂寿人さんにお話を伺いました。

■物事を深く掘り下げる人が多いかも

――国土地理院で働く人にはどんなタイプの人が多いですか?

旅行、ドライブ、バイク、登山が好きな人が多いかもしれません。また、地理に関わる仕事ですから世間一般に比べて、地図、鉄道、道路、地形等の“地理”だったり、かなり専門的な世界への関心の高い人が比較的多いのかなと思います。個人的には趣味が深くて濃い話は好きなので、楽しませていただいています(笑)。


――独特の用語が飛び交うこともあるのでしょうか

例えば、位置情報を取得するときにみなさんは「GPS」という言葉を使いますよね。でもGPSはアメリカが運用している衛星測位システムの名称で、他の国々も同じように衛星を打ち上げて運用しています。それらをまとめて「GNSS」と言います。国土地理院では「GPS」ではなく「GNSS」と言っています。また、「ドローン」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、国土地理院や測量業界では「UAV(Unmanned Aerial Vehicle)」という名称を主に用いています。また、一般に「地図」の種類を意識することはないと思いますが、地図には縮尺や内容によってさまざまな種類があり、我々の職場では「25000」「都計図」「基盤地図情報」等々の言葉が飛び交っています。


――他にも“国土地理院あるある”のようなお話はありますか?

地図アプリを使うとき、地図が読めない人はスマホをぐるぐる回した方が分かりやすいという人もいるかもしれませんが、国土地理院で話題に上がるのは「回すと逆に分からなくなる」ということ(笑)。地図の上側を北に固定する人も多く、俯瞰(ふかん)して全て捉えたいのかもしれません。
あと小耳にはさんだことがあるのですが、カーナビが出た当初は「そんなものに頼る必要はない!」という声もあったそうで、国土地理院の作業車にカーナビが導入された時期は割と遅かったようです(笑)。

■フロアごとに部署が分かれている

――民間の地図会社とはライバル関係にあたるのでしょうか?

そういう見方もあるかもしれませんが、国と民間ではスタンスが異なりますので、勝ち負けということではないのかなと思います。国土地理院が作る地図の良いところは、正確で更新が早いこと。例えば、高速道路は開通日に合わせて地図に反映しています。また、いろいろな付加情報が見られるのもメリットです。例えばその地域の昔の写真や地図を見ることもできておもしろいですよ。災害が起こったときは現場の写真も地図上でチェックできます。


――国土地理院の職場は全国にあるのでしょうか?

茨城県つくば市の本部が本拠地ですが、全国の主要都市に10カ所国土地理院の拠点があり、転勤もあります。海外に拠点はありませんが、JICA(国際協力機構)と一緒に発展途上国の支援を行ったり、国際会議に出席することもあるため、国際的な業務に携わる機会はあります。


――つくばの雰囲気はいかがですか? やはり近くに住む人が多いのでしょうか

つくばは住みやすい街ですよ。車はあったほうが便利ですが、なくても生活できるくらいお店もたくさんあります。この近くに住んで車通勤している人が多いですね。満員電車に乗らなくて済むのは精神的に良いかもしれません。でも、つくばエクスプレスが開通して電車通勤がしやすくなったので、東京に住んでいる人もいます。私も週末につくばエクスプレスに乗ってよく都内に出かけています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング