【シゴトを知ろう】校務員 編

進路のミカタ / 2017年12月6日 12時1分

写真

小学校や中学校の校舎を整備し、快適な学校生活をサポートする「校務員」。高等学校にも配置されている場合がありますので、身近に感じる人もいるかもしれませんね。

今回は鹿児島県教育委員会に所属し、県内の小学校で働いているAさんに仕事の内容ややりがいについて伺いました。

■植物の栽培や清掃、設備の修理などあらゆる学校の環境整備に対応

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えて下さい。
 
私は鹿児島県の小学校で主に環境整備をしています。この仕事は学校によって呼び方が異なります。一般的には学校用務員と呼ばれる場合が多く、鹿児島県では学校主事という呼び方が主流です。

環境整備と一言でいっても、その業務内容は多岐にわたります。校舎内の清掃はもちろん、学校周辺の清掃もしています。また、私が働いている学校は緑化活動を積極的に行っていて、児童生徒と共に植物の栽培を行っています。児童生徒は一人につき一鉢、種から植物を育てています。さらに各クラスが花壇を使った栽培も行っており、学校はたくさんの植物に囲まれています。児童生徒が栽培する植物の他にも学校行事のときに飾る植物を種から栽培していて、各行事の開催日に合わせて育つように管理しています。また、緑化活動だけではなく設備のメンテナンスも行っています。教職員の方が校舎内の設備を月に一度点検していて、電気や水回りに不備があれば私が修理しているのです。

<一日のスケジュール>
07:30 学校周辺の清掃、栽培委員と一緒に植物に水やり
09:00 植物の管理
午後 環境整備(設備の修理、植木の剪定)
16:45 帰宅
 
 
Q2. 校務員の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
私の主な仕事は種を植えてから花が咲くまでの管理です。自分が手入れした植物の花が咲いて、学校が花でいっぱいになるとやりがいを感じますね。それに、生徒と一緒に植物を育てるのは一層楽しく感じます。生徒と共に植えた種が芽吹き、時間をかけて花を咲かせる過程を見守っていると植物の成長を通して喜びを共有できるのです。
 
 
Q3. 校務員で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
さまざまな行事に合わせて花を育てるにはこまめに植物の様子を確認しなければいけません。入学式の場合ならマーガレットやパンジー、ペチュニアといった多くの花を飾ります。式の当日までに花が咲かなかったり、枯れてしまったりしないように長期休暇の間にも学校に足を運んで水やりや手入れをする必要があるのです。年間を通してさまざまな学校行事がありますので、土日だけではなく5月の大型連休や正月休み中にも学校に足を運ぶのは大変ですね。
 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング