【シゴトを知ろう】石工 編

進路のミカタ / 2018年1月12日 12時2分

写真

採石場から石を切り出したり、その原石を加工し設置する石工(いしく)という仕事。石工という名前は知らなくても、お城の石垣や橋や公園、石碑、お墓など彼らの仕事は日常的に目にすることができます。機材を使って石を切ったり削ったりする機械加工が主流になった現在でも、ノミや金槌を使って手で石を加工する昔ながらの手法にこだわっている石工職人の稲田さんに、具体的な仕事内容やこの仕事に就くまでのお話を伺いました。

■石の特徴と性質を見極め、加工をしていく石工の仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。

石工には大きく分けて、採石場で石を切り出す仕事と、私のように石を削ったり加工する仕事の2種類があります。また同じ石の加工でも、今はほとんど機械で行いますが、私はあえて手で削ることにこだわっています。石はその種類によって硬さや粘りなどの個性が全く違い、削り方や道具の当て方、力加減も全く異なります。その石の性質を理解し、見極めて加工するのはとても難しいですが、やりがいのある作業です。

仕事の流れとしては、付き合いのあるお寺さんからお墓の購入を考えている檀家さんを紹介してもらい、打ち合わせをしてどんなお墓にするかを決めます。そこで手加工を希望される場合は、どんな石を使ってどんなデザインや形にするのか、どれくらいの予算を考えているのかなど話し合います。手加工はどうしても時間もお金もかかりますから、機械を希望される人も多いのですが(笑)、その場合は機械加工をしている仲間にお願いします。石の準備から実際の据え付けまで、土木工事全般を全て請け負います。

墓石だけでなく、外柵といってお墓の周りの石の囲いなどを作ることもあり、先日は江戸時代に作られたお地蔵さんの外柵の依頼があって、手加工で行いました。お墓やお地蔵さんなどメインのものが映えるように、邪魔をしないような外柵のデザインを考え、石を選んで実際に手加工する過程は本当に楽しかったです。

仕事の7〜8割は、すでに加工済みの石を組み立てたり据え付けたりする仕事で、残りの2〜3割が石の加工です。石の手加工だけを専門にできれば最高なんですが、なかなか難しいのが現実です。

また自分が関わった石たちを時々見に行って、メンテナンスもします。経年変化が石によって、場所によってどんな風に進むのかをチェックして、加工する時の参考にもします。

<一日のスケジュール>
7:00 集合、打ち合わせ
8:00 お寺でお墓の組み立てなどの作業開始
17:00 作業終了(終了時間は日によって異なる)
17:30 作業場に戻って練習や作業
19:00 帰宅


Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

お客さんの驚く顔を見た時ですね。任せられた仕事を終えて、お客さまの想像以上に仕上がった時に見せてくれる顔が、私にとっては一番の励みになります。というか私の仕事はやりがいばかり。好きでやっている仕事なので楽しいです。

ただ石はずっと残るので、納得できないものを作って世に出したら、それが何百年も残ってしまう怖さは常に持っています。ですが、それが面白さでもあります。

進路のミカタ

トピックスRSS

ランキング