10分で乗り物酔いを解消するメガネが存在する!?

進路のミカタ / 2018年12月11日 12時2分

写真

車やバス、飛行機での旅行、船釣りといったレジャーの楽しい気分を台無しにするのが、乗り物酔い。酔い止めの薬も市販されていますが、「酔いやすいから、あまり乗り物に乗りたくない」と乗る前から不安な人も多いはず。そんな人のために、かけるだけで乗り物酔いを解消できるメガネが登場しました。このメガネの仕組み、乗り物酔いのメカニズムについて詳しく調べてみました。

■乗り物酔いを解消するメガネが発売

乗り物酔いを経験したことのある方は多いのではないでしょうか? できることなら、移動時間も楽しく過ごしたいですよね。実は乗り物酔いのメカニズムを研究したことにより、乗り物酔いを解消するメガネ“Boarding Ring(ボーディングリング)”が、フランスで発売されたことをご存じですか?

メガネのフレームの正面と側面に4つのリングが付いており、リングの中に青い色のついた液体が半分入った、なんとも不思議な形のこのメガネ。見たこともない形状なので、かけている姿はあまり想像できませんが、効果は絶大だそうです。

使い方は簡単で、乗り物酔いが始まったらメガネをかけるだけ。装着後6分ほどで効果が現れ、その効果はメガネを外してからも持続します。実際に試した結果、乗り物酔いに悩まされる人の約95%に効果が見られたそうです。日本でも販売が始まったら、多くの人の悩みを解決してくれることになるでしょう。

■乗り物酔い対策には精神的安心も重要

ではそもそも、乗り物酔いはどんなメカニズムで起こるのでしょうか? このメガネを発明したユベール・ジャナン氏は、視覚から得られる揺れと、内耳で平衡感覚を司る三半規管で感じる揺れが異なることで起こる乗り物酔いの原理に着目して、商品の研究に取り組みました。医学的に「動揺病」、「加速度秒」とも呼ばれる乗り物酔いは、乗物の揺れや不規則な加速、減速の反復が、内耳の三半規管や前庭を刺激することによって起こります。

ですが、このメガネは視界に入ってくる液体が揺れることで三半規管が察知する揺れとの不一致を修正し、知覚と感覚の混乱をなくし、乗り物酔いを解消することができるのです。

また、視覚や嗅覚から入ってくる情報と耳が感じる情報のズレやそれによる不快感、曲がりくねった道などで乗り物が大きく揺れるストレス、そして「今日も酔うかもしれない」というプレッシャーや不安感といった精神的な面も乗り物酔いを起こす原因といわれています。「十分な睡眠を取る」「消化のいいものを食べる」といった乗り物酔い対策には、体調管理という意味ももちろんありますが、精神的な安心や安定を保つという意味もあるのかもしれません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング