はちみつロケット卒業!雨宮かのんさんに聞く、“アイドル”で“学生”のジブンが歩んだ「過去」「現在」「未来」

進路のミカタ / 2019年6月4日 20時0分

写真

今年4月6日に初Zeppワンマンライブを成功させるなど、現在人気急上昇中の7人組アイドルグループ「はちみつロケット(以下、はちロケ)」。そのリーダーとしてグループを引っ張ってきた雨宮かのんさんが、6月8日開催の「雨宮かのんラストライブ Diary〜未来〜」をもって、はちロケを卒業することが発表されました。
今回は同ライブで芸能活動も引退する雨宮さんに、はちロケワンマンライブの公演サブタイトルにちなんで「過去」「現在」「未来」をキーワードに、これまでの芸能活動や、今後の進路についてお話を伺いました。

■〜過去ⅰ〜「アイドルってすごい!!」先輩・ももクロのライブに衝撃を受けた

――雨宮さんは小さいころから芸能活動を行っていたそうですね。

雨宮 小学1年生からやっています。写真のお仕事だったり、子役として映画に出たりして、5年生で今のスターダストプロモーションに所属しました。

もともとはお母さんに勧められて始めた活動でしたが、映画やドラマのオーディションを受けて合格すると、自分の自信にもつながるので楽しかったです。スターダストでは、永野芽郁ちゃんや葵わかなちゃんと同期なんですけど、そういうすごい子たちがいる中で、自分も女優業ができていたのはやりがいがありました。そんなこともあって、小学生のころからお仕事が自分の軸だと考えていましたね。

――当時は演技のお仕事が中心だったんですね。そこからどういうきっかけでアイドル活動を始めたんですか?

雨宮 もともと全然アイドルに興味がなかったんですけど、中学2年生のときに、「チーム大王イカ」というスターダストの期間限定のアイドルユニットに誘われたんです。最初はアイドルだと思わずダンスユニットだと思っていて、幼稚園のころから習っていたダンスの経験が生かせるかも、という軽いノリで始めました。そしたら、ダンスだけじゃなくて歌もやるよって進んでいって……「あっ、歌うんだ!」って驚きましたね(笑)。

そんなときちょうど、事務所の先輩である「ももいろクローバーZ」さんのライブを観させていただく機会がありました。それが生まれて初めて観たアイドルライブだったんですが、ももクロさんはもちろん、お客さんの熱もすごくて。ステージと客席の一体感に感動して、「アイドルってすごい!!」って衝撃を受けたんです。その後、チーム大王イカとして実際に自分がステージに立ってみたら、ライブを「すごく楽しい!」って感じて、アイドル活動を続けていくことを決めました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング