【2019年高校総体】日本大学藤沢高等学校 ソフトテニス部

進路のミカタ / 2019年7月31日 16時29分

写真

インターハイ神奈川県予選団体戦において、3年ぶり6度目の優勝を果たした日本大学藤沢高等学校ソフトテニス部。個人戦でも優勝・準優勝に加え3ペアが県ベスト8に進出し、計5ペアがインターハイ出場を決めました。キャプテンとしてチームをまとめる3年生の有井菜々美さんと、同じく3年生で副キャプテンの小澤真洸さん、2年生の山田和佳さんに、チームの強みやインターハイに向けた思いを伺いました。

■普段の意識づけが試合本番でのミスショットを防ぐ

―― 練習がある日の平日のスケジュールを教えてください

有井:朝は自主練習でサーブや乱打(ネットを挟んだ打ち合い)などをしています。また放課後は15時40分から18時半まで練習をします。基本的には監督と幹部で相談しながら、練習メニューを決めています。

小澤:大会前には試合形式の練習が多くなります。また大会後など試合のないときには、少しキツめのトレーニングで力を強化するようにしています。

山田:強化メニューの中には実業団チームの練習を参考にしたものもあります。たとえばネットプレーなど、他チームのやり方も取り入れながら練習しています。


―― 普段のトレーニングや練習で意識的に行っていることはありますか?

有井:練習ではコートのラインの少し内側にロープで線を引き、そこを狙ってボールを打つようにしています。試合ではラインギリギリのコースを狙うので、ミスショットをしてアウトになってしまうことがありました。ロープを使って普段からラインの内側に打つように意識していれば、たとえ狙いが少し外れたとしても、ボールをコート内に入れることができます。試合本番でミスショットによる失点を防ぐための練習です。

小澤:ボールを打つときの手首の角度を意識するために、利き手と反対側の手に水を入れたペットボトルを持って練習しています。そうすることでラケットを持つ手首の角度が変わり、ショットにもすごく良い影響がありました。トレーナーの方から教えていただいた練習方法で、私以外の部員も実践しています。

山田:意識しているのはビッグステップです。試合中、とくに相手に走らされるような場面では、大股で走れば自分に余裕ができますし、相手選手の動きも見えてプレッシャーをかけることもできます。「できるだけ無駄な歩数を使わず大股で走る」ことをいつも意識しています。


―― チームの強みやここは他校には負けない! という部分はありますか?

有井:私たちの強みはチーム全員の団結力です。団体戦では試合に出場しないメンバーも全力で選手をサポートし、朝練や昼休みの時間を使って応援歌の練習をするなど、応援にもすごくパワーがあります。強い団結力や応援は、先輩方から代々受け継がれてきたものです。試合のときは仲間の応援がとても力になります。

小澤:私も入部して初めて先輩方の練習や試合を見たとき、その団結力や応援に感動しました。当時は先輩方に憧れ力いっぱい応援していましたが、今自分が3年生になって応援してもらう立場になり、「みんなの思いを背負って頑張ろう」と勇気をもらっています。応援歌は声量も大きく音程もきれいで、他校と比べても本当にすごいと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング