【シゴトを知ろう】ヘアスタイリスト 編

進路のミカタ / 2019年9月26日 12時11分

写真

雑誌・広告などの媒体に合わせて、モデルの魅力を引き出すさまざまな髪型を提案、スタイリングしていく「ヘアスタイリスト」というお仕事。実力主義の世界であり、自分の力を試したいと考えている人にとっては挑戦しがいのある職業かもしれませんね。今回は、ヘアサロンで美容師として働きながら、ヘアスタイリストとしても活躍中の後藤ユースケさんに、仕事の内容ややりがいについてお話を伺いました。

■プロのヘアスタイリストとして、知識量で顧客に負けられない!

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
東京の青山にあるJEANAHARBOR(ジーナハーバー) 、新潟にあるameria(アメリア)という二軒のヘアサロンで美容師として働きながら、お客様から依頼を受けて、外部にヘアスタイリストとして仕事をしに行っています。

依頼に応じてモデルの髪型をアレンジするのが仕事で、場合によってはメイクを担当することもあります。依頼は広告業界から来ることが多いですね。企業のパンフレット用の撮影や、若手アイドルのライブなどでヘアメイクを担当することもあります。

<一日のスケジュール例>
・サロンワークとヘアスタイリストの仕事がある場合
10:15 朝礼&掃除、準備
11:00 サロンワーク開始
16:00 外部にてヘアメイク
22:00 ヘアメイク終了&打ち合わせ
25:00 帰宅

・ヘアスタイリストとしての仕事のみの場合
6:30 現場入り&打ち合わせ
7:00 ヘアメイク開始
19:00 終了
23:00 帰宅

Q2. お仕事をされる中で、やりがいや楽しさを感じるのはどんなときですか?

自分が携わった仕事について、知り合いから「見たよ」と声をかけてもらったり、写真が送られてきたりすると、やっぱりうれしいですね。

あと、ヘアスタイリストとしてお仕事をした相手が、後日自分の働くヘアサロンに来てくれることもあって、そんなときも非常に幸せな気持ちになりますし、ありがたいなと思います。


Q3. お仕事の中で大変さや苦労を感じるのはどんなときですか?

日頃、常々感じていることなのですが、「幅広く物事を知っておく」ことがとても重要で、また大変なことでもあります。

例えば、仕事で使うブラシやワックス、ヘアアイロンなども、新商品の情報はなるべく把握しておきたいところです。お客様の中には、ヘアスタイルに関わる、ものすごくマニアックな情報を持っていらっしゃる方もいます。そこでプロとして「知りませんでした」となるのは、やっぱり避けたいところです。そのために、できるだけ幅広く情報を持っておきたい気持ちがあります。

今の時代、ネットには情報があふれかえっていますから、探せるものは積極的に探していくように心がけています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング