【ニュース・博識甲子園(全国高等学校総合クイズ大会) 優勝】大阪星光学院高等学校

進路のミカタ / 2019年9月6日 12時10分

写真

高校生のためのクイズ大会『ニュース・博識甲子園(全国高等学校総合クイズ大会)』の全国大会が8月24日(土)に開催されました。その熱戦の様子と、優勝した大阪星光学院高校のインタビューをお届けします。

■日本一の博識高校生を決める学校対抗のクイズ大会

『ニュース・博識甲子園(全国高等学校総合クイズ大会)』は、「ニュース」に精通していることや「博識」であることを問われるクイズ大会で、今年で第2回を迎えました。予選会(ペーパーテスト)を勝ち抜いて全国大会へ進んだ8校の中には、昨年王者の栄東高校(埼玉県)や、日本テレビ主催『全国高等学校クイズ選手権』で2連覇中の桜丘高校(三重県)などのクイズ強豪校も。各校3人1組で戦います。

問題は社会・歴史・国語・科学など学校で習うジャンル以外にも、生活・芸能・音楽・スポーツ・趣味・娯楽などの幅広いジャンルから出題され、「早押しクイズ」や「ボードクイズ」の形式で争われました。早押し形式では知識だけでなく、問題文の続きを予想してボタンを押すタイミングの読みと反射神経も求められます。

決勝に進んだのは仙台第二高校(宮城県)と大阪星光学院高校(大阪府)。決勝はメンバー全員で早押しクイズに臨む総力戦で、5問正解したメンバーから抜ける方式でした。序盤は、予選会で個人2位という優秀な成績を収めて各校からマークされていた川嶋大斗くん(2年)を擁する仙台第二高校が優勢。その川嶋くんが抜け、さらにもう1人に抜けられピンチを迎えた大阪星光学院高校でしたが、その後徐々に追い上げ、見事優勝を果たしました。

3人は高校のクイズ研究会に所属しているそうですが、チーム結成の経緯や、勝負のポイントなどについて聞いてみました。

■関西のクイズ強豪校と普段からしのぎを削っている

―― 準々決勝・準決勝・決勝を戦う長い一日でしたが、試合の中で一番つらかったのは?

山川:僕は準決勝のボードクイズ戦では一番簡単なところで出させてもらったのに、常識不足で間違えてしまった問題もありました。そこがしんどかったですけど、2人が巻き返してくれたおかげで決勝へ進出できました。

木村:僕は高3で、今年の5月以降はクイズの現場を離れていて、今日の準々決勝の早押しクイズが久々の試合でした。やっぱりなかなか思うように自分のクイズができなくて、チームにも迷惑をかけたし、そこが一番しんどかったですね。受験勉強に切り替えて3カ月。たった3カ月と思われるかもしれませんが、これまでクイズにささげていた年月があまりにも印象深すぎて、それが随分昔のことのように感じられました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング