【シゴトを知ろう】看護師 編

進路のミカタ / 2019年11月26日 12時3分

写真

一度はOLとして社会人になった大畑実希さんですが、家族の病気や介護をきっかけに看護師を目指すことに。受験勉強から厳しい専門学校時代、そして夢を叶えた現在のことまで、子育てと両立しながらも、人の役に立ちたいと働く大畑さんに看護師の仕事についてお話を伺いました。

■人のためになっていることを実感 やりがいのある仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
現在勤務する病院は、内科・循環器科・消化器内科・呼吸器内科など総合的に看る必要があり、日々勉強しながら職務にあたっています。また、今は3歳の子どもがいるので、育児の都合で時短勤務です。夜勤は月に1~2回程度あり、その場合は16:30に出勤し、翌朝9:00まで勤務します。仕事と家庭のバランスが取れているので、ハードなスケジュールもこなしていくことができます。

<一日のスケジュール>
8:30 出勤
   カルテを見て情報収集、点滴作成、伝達事項の確認など
9:30 受付待ちをしている患者の血圧測定、入院患者の清潔ケアやおむつ交換
10:00 入院受け入れ患者の対応、手術の処置や検査の対応
12:00 食事介助、薬の配布、合間に順番で休憩・昼食
15:00 入院患者の点滴、おむつ交換、翌日の検査や点滴の準備
16:00 チームリーダーに報告
16:30 業務終了
18:30 帰宅

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
人のためになっていると、実感できることが何よりうれしいですし、悩みを聞いたり、患者さんのご家族の気持ちを支えたりすることで、感謝されることも多く、とてもやりがいがあります。

以前、勤務していた病院で、半年以上寝たきりで過ごしてた男性の患者さんがいたのですが、最近、退院してまた仕事に復帰したと聞き、その生命力に感心しました。入院中はガリガリに痩せてしまっていたのですが、今は生き生きと仕事をされているのだと思うと、本当にうれしいです。患者さんのことは一人一人よく覚えていて、外来でまたお顔を見られるのが楽しみです。声をかけていただくのもやる気につながります。
 
 
Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
患者さんの病気は待ってくれません。急に具合が悪くなることもあれば、検査や手術、入院など一度に急ぎの業務が重なることも多く、大変です。「急変」は、経験することで対処に慣れていくところもありますが、その恐怖は常に感じています。

また、時間や業務に追われる中で、どうしても一人一人の患者さんに向き合う時間が足りず、「もっとこんなこともしたいのに」ともどかしく、つらくなることもあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング