【シゴトを知ろう】ゲームディレクター 編

進路のミカタ / 2020年4月23日 12時5分

写真

通学の電車の中や放課後のひととき、私たちを非日常へ連れ出してくれるゲーム。どんな人が作っているのでしょうか。今回訪れたのは、ゲーム会社の「スクウェア・エニックス」。ディレクターとして活躍する内川毅さんに、お仕事の内容やご自身が歩んだ道のりを伺います。

■ゲームの内容を考え、完成への道筋をつける

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
現在は、「ドラゴンクエスト」のディレクターを務めています。私の仕事は、どんなゲームを作るか考え、方向性を定めることです。

ゲームを作るためには、デザイナーやプログラマーなど、さまざまな部署の人たちが関わります。ゲームの思想(世界観)や全体の方針が決まったら、各部署のリーダーと共有します。制作が始まってからは、各部署から上がってくる成果物をチェックし、フィードバックし、完成への道筋をつけていきます。

いろいろな部署と連携していくので、業務としては会議やミーティングが多いですね。

<一日のスケジュール>
10:00 出社  ミーティングに向けた資料づくり
13:00 昼食 
14:00 他部署とのミーティング
17:00 成果物の確認、修正の依頼など
19:00 退社

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
現在、ドラゴンクエストという、30年前から続く歴史あるタイトルに関わっています。ユーザーを驚かせることのできる新しい体験・感動を、生み出せることが大きなやりがいです。

ユーザーに楽しんでもらう姿を想像しながら、どんな内容がふさわしいか考えるのは楽しいですね。アンケートやネットで作品の反応を見られるのを楽しみにしながら、日々仕事をしています。


Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
実はあまり大変だと思ったことはありません。もともとゲーム好きで、ドラゴンクエストも大好きだったので、今の仕事は「『ゲームを作るゲーム』をやっている」という感覚です。

あえて言うなら、プレッシャーを感じることはあります。歴史あるタイトルで、いろいろな人の思いが詰まっているからこそ、「本当にこれが正しいのか」と迷い、慎重になることもあります。

また、ゲームを作り始めるとき、実物がない中でスタッフに内容を伝えて回るのは大変です。「こうしたいのにうまく伝わらない」ともどかしく思うこともしばしば。ただ、それは「産みの苦しみ」のようなもので、楽しい部分でもありますね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング