【シゴトを知ろう】コンシェルジュ ~番外編~

進路のミカタ / 2020年6月17日 12時12分

ネットワークを築くことができるのも組織の良いところです。定例会は年の半分は地方都市で行われるので、その土地のことを知ったり、レストランなどとのつながりをつくったりする機会になります。

また、「レ・クレドール」というホテルコンシェルジュの世界ネットワーク組織もあります。年1回の国際会議で世界のメンバーと繋がり、お客さまへのより良いサービスに役立てています。日本のメンバーも月1回の定例会を通じて、会議、視察などを通してお互いのレベルアップを目指しています。


―― 「レ・クレドール」のメンバーになるためには、どんな条件がありますか?

ホテルコンシェルジュとして一定の期間勤務し、「日本コンシェルジュ協会」に所属することが最初のステップです。世界との繋がりを持って国際的な舞台でコンシェルジュの仕事をしたいと希望した場合、「レ・クレドール」の規定に基づいて審査をクリアすると、メンバーとなることができます。いわゆる資格試験ではなく、「共通したマインドを持って世界中でお客様におもてなしできること」が求められます。


コンシェルジュが接する多くのお客さまは、海外から日本を訪れた人々。真柳さんは、日本のことをよく知るお客さまから、日々多くのことを学んでいるそうです。その姿勢を失わずに努力を重ねた結果、ホテルコンシェルジュの世界的組織である「レ・クレドール」メンバーとして活躍している真柳さん。仕事に誇りを持って、楽しんで働くその姿が、コンシェルジュチーム全体の活気を作り出しているようでした。

 
【profile】マンダリン オリエンタル 東京 チーフコンシェルジュ 真柳あい



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング