まだ間に合う!年末年始の「航空券」代を賢く節約する方法

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年11月14日 21時16分

写真

実家に孫の顔を見せに行きたいけど、ただでさえ出費の多い年末年始。交通費は大きな負担ですよね。

そこで、『Mama’s Money』の過去記事「今から準備がお得!年末年始の“新幹線”代を賢く節約するコツ」に続き、ファイナンシャル・プランナーの筆者が、まだ間に合う”航空券”代の節約方法をご紹介します。

■1:早く購入するほど節約効果大!

航空会社のサイトや格安チケットサイトなどで、様々な割引航空券が発売されています。

これは、早く予約するほど割引率が高く節約効果が大きいです。

例えば、2014年の12月26日~1月4日の羽田~千歳間、片道運賃(普通運賃40,190円)の場合だと下記のような割引率になっていました。

・ANA『旅割45』(45日前までに予約)は、22,490円~28,800円と44~29%の割引

・JAL『先得割引タイプB』(45日前までに予約)は、22,490円~29,790と44~26%の割引

元の金額が大きいだけに、これを利用しない手はありません。

ただし、一度予約すると変更はできませんので出発日時は慎重に選びましょう。また人気の時間帯はすぐに売り切れてしまいますので、発売日当日に予約することをお勧めします。

出発日が近くなるほど割引率は低くなりますから、早めに準備することが賢い節約のカギですね。 

■2:節約効果を大きくするなら往復の日程がカギ!

早めの予約がお得とは言っても、割引率は出発日や時間によって変わります。

特に年末年始の土日発着便は、午前便を中心に割引率の高い45日前予約のチケットは販売されていない場合があります。

行きは9時台、帰りは10時台で、45日前に購入した場合を比べてみました。

ANAの場合、

12月28日(日)~1月3日(土)は55,780円。

12月29日(月)~1月5日(月)は38,380円。差額17,400円!

JALの場合、

12月28日(日)~1月3日(土)は56,480円。

12月29日(月)~1月5日(月)は40,080円。差額16,400円!

※11月9日時点の結果です

その差は歴然ですね。大人2人分で考えると、もう1往復できそうです。

土日は避ける、午後の便でゆっくり行って帰ってくるなど、余裕を持った日程選びをしたいですね。

■クレジットカードで支払って、更に節約!

節約上手は、さらにもうひと技! 現金払いではなくクレジットカード払いにして、マイレージとカード会社のポイントをダブルで貯めましょう。

航空券は、親子3人で10万前後の大きな買い物。ということは、大きくポイントを貯めるチャンスでもあります。還元率によっては、貯めたポイントで帰省土産が買えちゃうことも。

また、ポイントをマイレージに交換できるカードなら、次回の帰省時はさらに節約できますね。

いかがでしたか?

大掃除やお仕事の予定、実家でのお手伝いなど様々な点を考えて日程を決める必要があると思いますが、ご家族ともよく相談して、しっかり節約してくださいね。

(鈴木茂美)

Woman Money(ウーマンマネー)

トピックスRSS

ランキング