「お金を貯めたい!」と思ったらやるべきATMの活用法2つ

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年11月15日 17時29分

写真

お金を貯めようと家計簿をつけても続かない、レシートをもらうようにしても結局は財布がいっぱいになるだけ、もっと簡単にお金を貯める方法はないかとお考えの方は、究極の方法、残高でお金の管理をしてみませんか?

ファイナンシャルプランナーの筆者がその内容をお伝えいたします。

■通帳記帳しましょう

今やATMは銀行、コンビニ、病院等、様々な場所に設置してあり、とても便利になりました。お財布代わりに必要な分だけを引き出す人、一か月分を一度に出金する人もいます。皆さんは通帳の記帳はどうのようにしていますか? コンビニなどATMが便利なところに設置されていることもあり、銀行ATMに行く機会がなく、数か月まとめて通帳記帳をする方も少なくありません。

しかし、実は通帳には毎月のお金の軌跡が描かれています。カードの利用金額、現金を下した日、お給料振込の金額、光熱費など一か月単位の記録が残されています。

一か月に一回は通帳記帳をしてその内容を見ながら、反省したり、ほめたりしながら確認をしてみましょう。

■明細をもらう

ATM利用するとき、残高が記載された明細表をもらっていますか?

今の機械は明細書を出す、出さないの選択をする場合が多いですね。筆者も、金額だけ確認して明細はもらわないこともありますよ。ただ、記帳をする機会がない方は、一か月に一回でも決まった日に明細を出すことをお勧めします。たとえば、給料日前に最後に残高を確認するために明細書をもらうとか、月初めに確認してもいいですね。それだけで、先月より今月の残高が多くなるように意識してお金を使っていけると思いますよ。

いかがでしたか?

仕事や子育て、家事に忙しいママ。家計簿をつけなくっちゃ、お金を貯めなくっちゃ、と焦って何もできないより、いつも利用するATMに行くときに、ちょっと意識をしてみてはいかがでしょうか?

筆者のお勧めの方法は、給料日前にいくらの残高が残ったかを毎月チェックしていくことです。欲を言えば来月の残高の目標を立てるのです。そこを意識することでお金の使い方も変わってくると思いますよ。

(たつみともこ)

Woman Money(ウーマンマネー)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング