人気モデル、セミヌードでS字くびれ披露 美しさの秘訣を伝授

モデルプレス / 2012年10月9日 14時16分

「姉ageha」vol.11(インフォレスト、2012年10月6日発売)表紙:早川沙世

10月6日発売の雑誌「姉ageha」vol.11の表紙にて、同誌専属モデルの早川沙世(29)がセミヌードショットを披露した。早川は同誌におけるモデル業のかたわらネイルサロンや美容院を経営。アイドルグループ・SDN48としての活動経験もあり、その幅広い活躍に注目が寄せられている。

表紙ではバスト部分をファーで隠したセミヌード姿で女性らしいS字くびれやデコルテを披露。誌面の特集「自分史上最高の“私”でいるための202の方法」では女性らしさを上げるための条件として「胸やヒップなど女性らしい丸みを大事にする」ことを挙げ、「いま気になるのは平子理沙さんや長谷川潤さん!ああいう細いけどヘルシーなボディを目指して酵素ダイエットやウォーキングを実践中!」と明かした。

誌面では早川のほか、荒木さやか、けいこ、宮下美恵、山上紗和ら姉モデルが美しさの秘訣を伝授。27~32歳という年齢を微塵も感じさせない美貌はまさしく日々の努力の賜物と言えるだろう。(モデルプレス)

■早川沙世(はやかわさよ)プロフィール
生年月日:1983年5月23日
出身地:福岡県
血液型:AB
身長:168cm

地元・福岡で10代の頃からモデル兼キャバクラ嬢として活動。「小悪魔ageha」モデルを経て、現在は「姉ageha」専属モデルをつとめる。

2011年5月、アイドルグループ・SDN48の3期生として加入。その約2ヶ月後、雑誌の撮影やサロンプロデュースといった本業との兼ね合いを考慮し同グループを辞退した。

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
No.1キャバ嬢時代を経て起業した美人モデル、スタイルキープ法・夢を叶える秘訣を語る
究極の“胸盛りテク”を伝授、全国300名超から選ばれたNo.1キャバ嬢 モデルプレスインタビュー
日本一のキャバ嬢コンテスト開催 長野の23歳美女に栄冠 全国から300名以上が参加
元SDN48メンバー、5ヶ月ぶりの復活宣言 早期辞退の心境を語る
元SDN48メンバー、今は亡き美人モデル純恋さんとの遺志を継ぎ120万円を被災地へ寄付

【関連リンク】
「姉ageha」紹介 - モデルプレス

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング