栗山千明、スラリ美脚披露 「このライトノベルがすごい!」大賞発表

モデルプレス / 2012年10月12日 17時13分

プレゼンターをつとめた栗山千明

女優の栗山千明が12日、都内にて行われた第3回「このライトノベルがすごい!」大賞授賞式に登場した。04年より刊行されている宝島社のムック『このライトノベルがすごい!』から生まれた同賞の特別選考委員&プレゼンターを3年連続でつとめる栗山は、目にも鮮やかなグリーンのレースワンピースを身にまといスラリと伸びた美脚を披露。

自他ともに認めるライトノベルファンでもある彼女は「ただのファンなので審査員をつとめるのは大変恐縮ですが…」と言いつつ「最終選考に残った作品がどれも面白くて審査に悩みましたが、結果として2作品を栗山千明賞に選出させていただきました。本日はおめでとうございます」と挨拶した。

◆「栗山様にお目にかかれて感動」

優秀賞3作品、栗山千明賞2作品、大賞1作品という計6作品が順番に紹介され、各受賞者には栗山から直接目録が手渡された。

栗山が「読み応え充分!残虐な描写の中で歪んだ愛情が見えて切なく感じましたし、ブラックファンタジーの世界の虜になりました」と絶賛したのが大賞受賞作品の「ロウド・オブ・デュラハン」。壇上スピーチにて、著者の紫藤ケイ(しどうけい)は「大賞の名はハードルが高いので安心していられない。より一層精進していきたいと思います」と更なる飛躍を誓った。

また、「オレを二つ(そのな)で呼ばないで!」で優秀賞を受賞した逢上央士(あいうえおうじ)が「栗山千明様とお目にかかることができた感動を糧に、これからもがんばっていきたい」とコメントすると、栗山も苦笑い。会場からも笑いが沸き起こり、授賞式は終始和やかなムードに包まれていた。(モデルプレス)

■「このライトノベルがすごい!」大賞概要
ライトノベルガイドの決定版『このライトノベルがすごい!』から生まれたライトノベル新人賞。“ホントにおもしろい作品を生み出すこと”をコンセプトに、おもしろいものを見逃さない『このライトノベルがすごい!』編集部や「読み手のプロ」、「販売のプロ」たちが、新しい才能を発掘する目的で創設された。

<第3回受賞作品>
大賞:「ロウド・オブ・デュラハン」 
著者:紫藤ケイ(しどうけい)

栗山千明賞:「薄氷あられ、今日からアニメ部はじめました。」
著者:島津緒繰(しまづおぐり)

栗山千明賞:「魔王討伐!俺、英雄…だったはずなのに!?」
著者:遊馬足掻(ゆうまあがき)

優秀賞:「オレを二つ(そのな)で呼ばないで!」
著者:逢上央士(あいうえおうじ)

優秀賞:「ファウストなう」
著者:飛山裕一(とびやまゆういち)

優秀賞:「剣澄む~TSURUGISM~」
著者:ますくど

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
栗山千明が歌って踊るアイドルに!コスプレも「すごい楽しい」
栗山千明、浴衣美女20人と乾杯 「AKB48総選挙」は光宗薫に注目
栗山千明、美しすぎるロングヘアで念願のCM獲得 ミニドレスで会見に登場
栗山千明、「イオンモール」の顔に!本人コメント到着
栗山千明、美しい「禅の作法」を体現

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング