中村俊介、“ドS”をカミングアウト 共演者も「イジメられました」と告白

モデルプレス / 2012年10月15日 16時55分

(左から)黒川智花、中村俊介、夕輝壽太

15日、ドラマ「てふてふ荘へようこそ」(NHK・BSプレミアム)の完成試写会が東京・同局にて行われ、俳優の中村俊介、夕輝壽太、女優の黒川智花が登場した。同ドラマは、家賃格安のわけありアパート「てふてふ荘」を舞台に、住人たちと幽霊たちのふれあいを描く、コミカルでハートウォーミングなファンタジー。

「てふてふ荘」の大家を演じる主演の中村俊介は「ついに完成してものすごくうれしいです。いつもより穏やかにほんわかと演じました。いろんな方たちに観てもらいたい」と語り、仕上がりに太鼓判を押した。また、同アパートの1号室に現れる幽霊・白崎役を演じた黒川智花は「濃い時間を過ごせました。心がほっこりして『明日からもがんばろう』と、そっと肩を押してくれるような優しい作品です」とニッコリ。その白崎と恋に落ちる住人・高橋役の夕輝壽太は「一つ一つのシーンにたくさん思い出がある。それを思い出しながら観たら、ちょっと泣いちゃいました」と、同作品への想いを語った。

◆役柄とは正反対?「実はドS」とびっくり告白

セット内のエアコンが効かず、暑い中での撮影に苦労したという3人。「氷嚢はマスト。あれがなかったら危なかった」と語った中村に対し、黒川は「私は半袖短パンという衣装だったので、まだ良かったんですけど…暑かったです。達成感ありますよね」と振り返った。さらに、役柄と実際の性格の相違点について中村が「正反対ですね。実はドSなので」と驚きの告白をすると、夕輝は「本当に普段はドSで…イジメられました」と苦笑い。会場の笑いを誘い、共演者同士の仲の良さをうかがわせた。

さらに、報道陣に向け先行上映されたドラマの中で、足音がまったくしなかったという指摘を受けた黒川。「足音を出さないように練習しました」と恥ずかしそうに語り、普段とは異なる幽霊役を演じる上での役作り秘話を明かした。最後には「夕輝さんが演じる高橋と恋愛に発展するんですが、私が成仏しちゃうのかどうかを最後まで見てほしいです」と、笑顔でアピールした。

同ドラマは、NHK・BSプレミアムにて10月27日(土)より毎週土曜日に放送される。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
ホリプロTSCグランプリ美少女、初CMで全力疾走 
ビートたけし&石橋貴明が初タッグで新バラエティ 会見で異例の事態
ふっくん長女、菜々緒・紗栄子らと初共演!ランウェイデビューに「楽しかった」 
平愛梨、実妹とのツーショット公開 「可愛すぎる」の声多数
双子のレッサーパンダの赤ちゃん、名前を一般公募

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング