土屋アンナ、「ファッションショーも昔と今では変わったよね」<インタビュー>

モデルプレス / 2012年10月16日 18時3分

「第15回 東京ガールズコレクション 2012AUTUMN/WINTER」に出演した土屋アンナ

13日、さいたまスーパーアリーナにてファッションイベント「第15回 東京ガールズコレクション 2012AUTUMN/WINTER」(TGC)が開催された。人気モデルが多数出演する中、同イベント初期から参加している土屋アンナがインタビューに答えた。TGCは、「日本のリアルクローズを世界へ」をコンセプトに05年からスタート。15回目を迎えた今回は、2012年秋冬の最新トレンドキーワードから「Classic」をフィーチャーし、「Tokyo Classic(トウキョウ クラシック)」をテーマにステージを展開した。

■土屋アンナインタビュー

― これまで何度も出演されているTGCですがどういった印象をお持ちですか?

土屋アンナ:TGCは初回から出ていて何回か休んでしまったところはあるんですけど、今は一番ババアです(笑)

ファッションショーも昔と今では変わったなという印象。最近はお祭り的になってきてるよね。ランウェイでは手を振りながらとか笑顔でとか、その人それぞれの歩き方っていう感じかな。最初の頃は、私の尊敬するモデルさんたちも無表情でクールにまっすぐ歩くといういわゆるファッションショーでしたね。あまり手を振って歩きながら笑顔でっていうのは無かったですね。

どっちが好きかと聞かれると、両方どっちも好きです。ただ、基本的に私は歩きながら笑うと鼻の穴が広がっちゃうんですよ(笑)まあ、その顔が撮られても別に気にしないけど(笑)

― ファッションショーの見どころはどんなところですか?

土屋アンナ:“服によって変化するモデルさんの表情”っていうのが一番面白いんじゃないですかね。今日もたくさんのモデルさんたちが出ますけど、モデルさんの持っているセンスっていうのがあるし、表現者一人一人を見てもらいたいなっていうところですね。もちろんみんなリスペクトしていますよ。

私の場合は、服や音楽によって歩き方は考えますね。まっすぐ歩くだけとか最初から盛り上げちゃうとかね。

― ステージでは緊張はしますか?

土屋アンナ:全くしない(笑)いつもしないよね。しなきゃいけないとこでもしないんですよね。親に緊張しなさいとか言われても全然。性格の問題よね。緊張って何なんだろうって(笑)たぶんどんな人に会ってもしないのよ。初めてブラッド・ピットに会ったときも「かっこいいな」とは思うけど、ちょっと引いて見ちゃうんだよね。

― アーティストとしてのライブとファッションショーはどんな心構えの違いがありますか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング