石原さとみ、「あの時の顔、そして手はいまだに忘れられません」

モデルプレス / 2012年11月16日 17時10分

石原さとみ

故・井上ひさしさん最後の戯曲「組曲虐殺」(12月7日~30日、天王洲 銀河劇場)に出演する女優の石原さとみが、井上さんの生誕78周年となる16日にコメントを寄せ、「あの時の顔、そして手はいまだに忘れられません」と生前の思い出を語った。井上さんは放送作家として「ひょっこりひょうたん島」(山元護久と共著)の台本を執筆し、現代的センスによる笑いと風刺で子どもたちを中心に多くの人々に愛された。演劇界へは「日本人のへそ」でデビューし、1972年には岸田戯曲賞を受賞、さらに小説「手鎖心中」で直木賞を受賞し、以降戯曲、小説、エッセイなど幅広い活動を続け、各分野での受賞多数。

1984年にこまつ座を旗揚げ。「頭痛肩こり樋口一葉」をはじめ「きらめく星座」「父と暮せば」「太鼓たたいて笛ふいて」「組曲虐殺」など、多くの書き下ろし作品を上演。「紙屋町さくらホテル」「~東京裁判三部作~『夢の裂け目』『夢の泪』『夢の痂』」「ムサシ」など、2010年4月9日に75歳で亡くなるまでの生涯に書いた戯曲は70作にも及ぶ。

こまつ座では今年1月から12月にかけて「井上ひさし生誕77フェスティバル2012」を開催。1月の第1弾「十一ぴきのネコ」から始まり、上演中の第7弾「日の浦姫物語」まで7本が幕を開けた。そして12月7日より開催の第8弾、井上さんにとって最後の戯曲であり意欲的音楽評伝劇「組曲虐殺」がこのフェスティバルのファイナルを飾る。

プロレタリア文学の旗手・小林多喜二の生きた時代を描いた同作は、官憲の拷問によって、わずか29歳の若さで虐殺されるまでの2年9ヵ月の多喜二と、彼を取り巻く人々の姿に迫っていくもので、2009年に演出・栗山民也、多喜二に井上芳雄を得て上演。第17回読売演劇大賞・芸術栄誉賞(井上ひさし)、最優秀スタッフ賞(小曽根真)、優秀演出家賞(栗山民也)、優秀作品賞と主要演劇賞を総なめにした井上さんの代表作のひとつで、井上芳雄、石原さとみ、高畑淳子ら初演と同じオリジナルキャストによる上演となる。

◆「組曲虐殺』キャストからコメント到着

井上芳雄:井上先生と一緒にご家族だけの焼き肉に加えて頂いた時には「芳雄さんはうちの長男ですね」なんておっしゃってくださいました(笑)「組曲虐殺」をご覧になれば、多喜二の人生をもっと深く知ることができて、きっとすごく驚く。それはもう、すごい体験になるんじゃないかと思うんです。多くのみなさんの心に入り込めるような作品のはずです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング