小室哲哉、妻・KCOへの変わらぬ愛「ふたりがくっつかないはずがない」

モデルプレス / 2012年12月4日 14時24分

小室哲哉/「Numero TOKYO」 1・2月合併号/画像提供:扶桑社

11月28日発売の雑誌「Numero TOKYO」 1・2月合併号に、音楽プロデューサーの小室哲哉が登場。時代を築いたプロデューサーとしての考え方や妻・KCO(KEIKOより改名)への想いを赤裸々に語っている。誌面インタビューの中で、音楽を続けられなくなった事件後の状況を振り返っている小室。「再びわかってもらえる『波』は、必ずまた来ますから」と冷静さを保っていたことを明かし「履歴書を持参して回る気はなかった」「音楽以外は何もできない」と、不器用ながらも音楽への真摯な想いを吐露した。

◆小室とKCO、知られざる関係性とは

さらには、自身の妻であり、globeのボーカルを務めるKCOとの関係性にも言及。「僕らの場合は、はたから見たらイライラするくらいお互いにシャイだった」と、現在の関係に至るまでには相当な時間がかかったことを伺わせつつも「ポイント、ポイントで見ていくと、ふたりがくっつかないはずがない」と断言し「すべて計算上そうなるようになっていたんじゃないのかな」と、結ばれたことは“必然”であると強調した。

2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在も療養を続けているKCO。当時、看病中の赤裸々な心境をリアルタイムにTwitterでつぶやいていた小室は「彼女の病状がメディアで出るより、僕が伝えたほうが正しく伝わるだろうと思ったので、むしろどこよりも先に先に…と考えていました」と説明。さらに「実働として彼女から何かをしてもらっているわけではなく、やっていることは僕のほうが多いかもしれないですけど、癒しの波はもらっている」と、妻への変わらぬ愛情を明かしている。

そのほか誌面では、今後の音楽活動や自身の「ブランドイメージ」の変遷についてなど、今だからこそ話せるエピソードが満載。“現在の小室哲哉”を垣間見る事ができる充実の内容となっている。(モデルプレス)

情報提供「Numero TOKYO」(扶桑社)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
小室哲哉10年ぶりのトータルプロデュースで壱岐尾彩花メジャーデビュー
小室哲哉×TRF、「TGC」でシークレット共演
小室哲哉、globe活動再開を発表
小室哲哉、妻・KEIKOの病状を報告 ファンから激励の声殺到
KEIKO、「くも膜下出血」で緊急手術 小室哲哉もコメント発表

【関連リンク】
「Numero TOKYO」紹介 - モデルプレス

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング