ギャップを楽しめるワイン~羊の皮をかぶった狼~<竹内香奈子「大切な人に贈りたくなるビジュアル系ワイン」Vol.8>

モデルプレス / 2012年12月4日 11時0分

竹内香奈子

日本ソムリエ協会認定「ソムリエ」の資格を所有。大阪・東心斎橋にあるワインショップ「mista」の店長・竹内香奈子がお届けするモデルプレス連載コラム「大切な人に贈りたくなるビジュアル系ワイン」。ワインの歴史、味の事はもちろん、美味しい料理に合うワインやプレゼントにピッタリなワインなどを紹介する。みなさん、こんにちは!ワインソムリエの竹内香奈子です。

人はギャップに惹かれますよね。

普段の見た目、言動からはちょっと考えられない一面を知った時、なぜかキュンっとしてしまうことってありませんか?

例えば、普段クールなのに無邪気にはしゃぐ笑顔を見た時や、頼りなさそうに見えていざという時に決断力がある行動、遊んでそうなのに実は一途なところなど。

今回は、「ギャップを楽しめるワイン~羊の皮をかぶった狼~」と題して、ギャップを感じる二面性を持った素敵なワインをご紹介します。


◆ギャップを楽しめるワイン~羊の皮をかぶった狼~

あら!かわいい~。おとぎ話が始まるのかしら。

ストーリーを聞きたくなるほど興味深いこのエチケット(ラベル)。エチケットには、大きくヒツジの皮をかぶったオオカミが描かれています。

大人しくて優しいヒツジと強くて知的なオオカミ。この二面性を持つエチケットの意味とは一体何でしょうか?気になりますよね・・。


ボトルの後ろにも可愛らしいヒツジとオオカミが描かれています。その下にはVINO DA TAVOLAと書かれています。

VDTとはテーブルワインという低いランク付けです。こんなに高級感のある美味しいワインがどうして低いランクなのでしょうか?

ワインの名前は、カルメネーロ・カ・デル・ボスコといい、イタリアのロンバルディア州で造られています。

ワイン名であるカルメネーロとはブドウ品種のことです。実は、このブドウ品種にヒツジとオオカミのエチケットの秘密が隠されているのです!

フランスで使われているブドウにカベルネ・フランという品種があります。ずっとカベルネ・フランとして北イタリアで育てられてきたブドウが、実はカベルネ・フランではなくカルメネーロだったのです。

ヒツジがカベルネ・フランでオオカミがカルメネーロと考えてみて下さい。

オオカミなのになぜヒツジの皮をかぶるのか?カルメネーロなのになぜカベルネ・フランと隠しているのか?

それは、イタリアワイン法ではカルメネーロ種は定義されていないのでIGTさえも取得できず、VDT(テーブルワイン)にされてしまうのです。

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング