渋谷で圧倒的支持!2012年に活躍したギャルモデルを振り返る

モデルプレス / 2012年12月29日 23時51分

左から:なつぅみ、みずきてぃ、ねもやよ

ローラや鈴木奈々を筆頭に、ギャル誌出身のモデルがテレビで活躍する姿が目立った2012年。それに加えて益若つばさや小森純など、すでにお茶の間に親しまれたといっても過言ではない彼女たちもまた、引き続き存在感を放った。しかし、テレビで輝きを放っているモデルはほんの一握り。ギャルの聖地・渋谷では新たなニューフェイスを支持する声が続々と上がっている。◆みずきてぃ:とびきりガーリーな笑顔が魅力

テレビ番組への露出の増加や「第5回シューズベストドレッサー」&「BEST STYLING AWARD」といった今年を象徴する賞を受賞するなど、入れ替わりの早いギャルモデル界において“カリスマ”の座に君臨し続けるくみっきー(舟山久美子)。彼女を擁する雑誌「Popteen」にて、今年人気と知名度をさらに確固たるものにしたのが“みずきてぃ”こと西川瑞希(20)だ。

2010年6月に誌面初登場を飾ってから早2年半。今年11月に20歳の誕生日を迎えた彼女は、そのとびきりガーリーな笑顔で読者を魅了してきた。今年発売の同誌でピン3回(12年5月号&9月号、13年2月号)を含む計4回の表紙を飾った実績もさることながら、そのうちの1回、雑誌にとって重要な意味を持つ「あけましておめでとう」号(13年2月号)でピン表紙に抜擢されたことからも、編集部の期待度、さらには読者からの人気の高さもうかがえる。また、今月28日には8月まで更新していたアメブロをリニューアル。2013年、さらなる飛躍を遂げる準備は整った。

◆なつぅみ:誰もが羨むメリハリボディの持ち主

鈴木あや、安井レイといった看板モデルが続々と卒業する中、雑誌「Ranzuki」の屋台骨となって輝きを増したのが“なつぅみ”の愛称で親しまれる斉藤夏海(20)。2009年から同誌の専属モデル(=R’s)として誌面に登場し、ポップな色使いのファッションセンスと、誰もが羨むメリハリボディで同世代の読者から一気に支持を獲得。同誌12年8月号にて「R’s」10名の水着グラビアが掲載された際は、MEGUMI、雛形あきこが所属する「サンズエンタテインメント」の会長で、巨乳ブームの火付け役である野田会長から一番の評価を得た。

また、昨年12月に発売した自身初のフォトエッセイ「なつぅみ☆みらくる」は、4度目の増刷を達成する(今年3月、自身のブログで報告)など、大ヒット。今年5月には「Rの法則」(NHK Eテレ)にて、彼女にクローズアップした企画がオンエアされるなど、来年は雑誌の枠を超えた活躍にも期待が持てそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング