柴咲コウ、「自分の人生が見えなくって…」葛藤の20代を振り返る

モデルプレス / 2013年2月20日 11時45分

「mina」4月号に登場した柴咲コウ

女性誌レビュー/2月20日発売の雑誌「mina」4月号のカバーガールに、女優の柴咲コウが登場した。

◆「不安を抱えていた」20代の葛藤

袖のフリルがガーリーなデニムトップスにレースのヘッドドレスという春らしいコーディネートで表紙を飾った柴咲。誌面ではネオンカラーのトップスやストライプジャケットといったトレンド感あふれるアイテムを柴咲らしい大人カジュアルに落とし込んでいる。

インタビューでは15年間に及ぶキャリアを振り返ると共に、30代に差し掛かった等身大の「今」を告白。「今が一番状態がいい!」と言い切るほど充実した生活を送る彼女だが、20代は恋愛や仕事の取り組み方に思い悩むばかりだったという。「30代になってからの自分の人生が見えなくってちょっと不安を抱えていました」と華やかなイメージとは裏腹な素顔も明かした。

◆もぎたて「ジューシーカラー」が旬

今月号は「春の10代トレンド『選びと組み合わせ』OKスタイル」と題し、春アイテムが出揃った今買うべきアイテムとそのコーディネート術を徹底解説。

昨年はシャーベットカラーなどのニュアンスカラーが流行したが、今年はもぎたてのフルーツを連想させる「ジューシーカラー」が主役。ベリーピンク、ハニーイエローといった潔いインパクトカラーを定番アイテムと合わせて楽しみたい。(モデルプレス)

このほかの見どころ特集はこちら

・美保のリアルLIFE着回し30days

・「春呼びアウター」「薄軽ニット」「恋叶ワンピ」270

・ファンデにまつわるお悩み完全解決!

・オーダー!「おしゃれな春髪にしてください」

・ちゃんと考えよう!「働く」ということ

情報提供:「mina」(主婦の友社)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング