長澤まさみ、衝撃の“坊主頭”に言及

モデルプレス / 2013年2月28日 14時12分

「with」4月号のカバーガールに登場した長澤まさみ

2月27日発売の雑誌「with」4月号のカバーガールに、女優の長澤まさみが登場した。

今春の最注目トレンドである鮮やかなネオンカラーのオールインワンで表紙を飾った長澤。誌面ではラベンダーカラーのライダースジャケット、グリーンのミニスカートといったカラーアイテムをベーシックなモノトーンと組み合わせた大人カジュアルスタイルを披露している。

「長澤まさみを知るHOT WORD 14」と題したインタビューでは、衝撃の坊主頭で白血病の少女を演じた映画「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年5月公開)に言及。台本に“坊主”という言葉はなかったというが、当時放送されていたドラマ「金八先生」を見た長澤自身が「(白血病で坊主にしていた)金八先生の息子に負けたくない!」と坊主頭を行定勲監督に提案。監督は長澤自ら決意するように仕向けていたようで「待ってたんでしょうかね。『そうか』って言われて、『やられた!』というか、監督って怖いなぁと思いました」と監督との“駆け引き”を明かした。

誌面ではこのほか「料理」「スキンケア」「台湾」など、彼女をとりまく14のキーワードをもとに、年齢・性別問わず憧れられる“いい女”のヒントを解明。恋愛観や結婚観も語っており、長澤の素顔を垣間見ることのできる内容だ。(モデルプレス)

情報提供:「with」(講談社)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング