草なぎ剛、有名人ならではの恋愛事情明かす

モデルプレス / 2013年5月6日 17時53分

映画「中学生円山」のレッドカーペットイベントに出席した(左から)平岡拓真、坂井真紀、鍋本凪々美

SMAPの草なぎ剛が6日、後楽園・東京ドームシティラクーアで行われた主演映画「中学生円山」のレッドカーペットイベントに宮藤官九郎監督、坂井真紀、平岡拓真、刈谷友衣子、遠藤賢司、鍋本凪々美らと出席した。

学生時代の遊園地デートの思い出を聞かれた草なぎは「中学生の頃からSMAPだったので、行く機会はなかったですね」と有名人ならではの寂しさを滲ませ「もう毎日妄想していました。ポップコーンを食べながら、ジェットコースターに乗りたい」と無邪気な願望を告白。

また妄想癖のある中学生役の平岡が、突然刈谷に「行く相手がいないので、もしよかったらですけど…」とデートの申し込みをすると、すかさず草なぎは「2人のデートの保護者として付き添いたい!」と嬉しそうに名乗りを上げていた。

同作は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などで知られる脚本家・宮藤が草なぎを主演にメガホンを取った妄想ヒーロー・ムービー。エッチな妄想を日々しながら自主トレに励む団地住まいの中学生・克也(平岡)が同じ団地に引っ越してきた謎多きシングルファーザー・下井(草なぎ)と出会い、成長していく様を描く。

イベントが行われた会場近くの東京ドームでは、長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の国民栄誉賞受賞セレモニーが昨日行われたばかり。その模様をテレビで見ていたという草なぎは、司会者から、SMAPの国民栄誉賞受賞を期待されると「とんでもありません。そんなのおこがましい」と大慌て。それでも司会者から60代での受賞の可能性を広げられると「う~ん」とまんざらでもない様子だったが、歌手でもある遠藤が60代だと知ると「まだまだ勉強します。先にとっていただきたいです」と先輩を立てていた。

この日はヒーローをテーマにした映画にちなみ、幼き日の草なぎのヒーローだったという仮面ライダー1号2号らが登場し、草なぎは「さすがカッコいい。頭が直射日光でピカーっと光っている。イケメンですね」と大興奮。さらに「(衣装が)年期入っていますね。緑の部分はフジテレビの備品整理室にありそう」と笑いを誘った。

映画「中学生円山」は5月18日より全国公開。(モデルプレス)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング