「いつやるか?今でしょ!」で話題の林修氏、夢を叶える秘訣を語る モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2013年5月8日 13時5分

モデルプレスのインタビューに応じてくれた林修氏

「いつやるか?今でしょ!」のフレーズでお馴染みの予備校講師・林 修(はやし・おさむ)氏。現在CMやテレビなど各メディアに引っ張りだこの彼にモデルプレスはインタビューを行い、知られざる素顔に迫った。

インタビューは4月17日に都内書店で開催された、書籍『いつやるか?今でしょ!』の10万部突破、および新刊『今やる人になる40の習慣』(共に宝島社)の発売記念イベント後に実施。林氏はこの日、詰めかけた120人を対象にサイン会も行った。

― サイン会では先生の丁寧な対応が印象的でした。

林氏:ありがたいお話で、わざわざ遠くから来て、本を買ってくださって、もう本当に頭が下がります。サインもあまり上手ではないので、できるだけ丁寧に対応することを心がけました。僕にはそれくらいしかできないので。

― 今日は120人を超えるファンが殺到しました。ブレイク後は周りからの反響もすごいと思いますが、普段の生活で変化したことはありますか?

林氏:飲みに行ったり、遊びに行ったりする時間がゼロになりました。本業である予備校での授業の時間は削れませんから。

― 街を歩いていて、声をかけられることも多いですか?

林氏:おかげさまで日常茶飯事です。最近、変装なしではまずいぞ、ということでダテメガネはかけるようにしています(笑)。

― では生徒の反応も変わりましたか?

林氏:成績上位の子は、別に僕がテレビに出ようが、全く関係ないって感じで冷めていますよ(笑)。SMAPの中居(正広)さんでさえ知らなかったような生徒ですから。テレビを全く見ていないので、僕がテレビに出ていることも知らないってことです。

― そういうものなんですね(笑)。ちなみに、どこによく出没されますか?

林氏:最近はホテルにこもっていることもあって、1番出没するのは、ホテルの近くのコンビニです(笑)。

― 話を少し戻しますが、テレビやイベントに引っ張りだこでも、授業に支障はありませんか?

林氏:幸い4月の上旬で春季講習が終わりまして、例年この時期は暇なんですよね。僕らの仕事は忙しい時と、空いている時の差が非常に激しい。5月末まではのんびりさせていただきます。でもそこからまた講座が始まって…7月、8月は夏期講習で、えらいことになります(笑)。

― じゃあ今が息抜きのチャンスですね(笑)。オフの日は何をされることが多いですか?

林氏:オフがあったらあったで、そんなに有益なことをするタイプではないです(笑)。

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング