活動再開のPUFFY、出産エピソードにタモリも驚き

モデルプレス / 2013年5月10日 13時20分

「笑っていいとも!」に出演したPUFFY(左:吉村由美、右:大貫亜美)

活動休止していた女性歌手ユニット・PUFFYが10日、バラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)のテレフォンショッキングに出演し、活動を再開させた。

昨年夏に吉村由美が第1子を出産したことに伴い、活動を休止していたPUFFY。約4年ぶりに同番組に出演したことに加え、出産後・初生放送ということで吉村は「手汗がやばいです」と緊張気味。司会のタモリから「出産どうでした?すごく大変でした?」と聞かれると「一回目なので、何が安産なのかはわかりませんが、大変でした」と吐露。

一方、大貫亜美は吉村の出産中、ドア1枚隔ててたところで待機していたそうで「いつも元気な由美ちゃんの、こんなつらそうな声聞いたの始めてで。聞きながら『頑張れ』って…」と涙したことを明かし、さらに産まれた赤ん坊を、最初に抱いたのが大貫だというエピソードも披露。これにはタモリも「もう親戚以上じゃん」と驚き、「人事とは思えない?」と尋ねると、大貫は「もう孫みたいな気分ですね。可愛いんですよ」と溺愛している様子。さらに頻繁に赤ちゃん用品を差し入れしていることも明かし、2人の仲の良さがうかがえた放送となった。

PUFFYは、22日に1年ぶりの新曲「脱ディストピア」を発売。8月に開催される「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013」へ出演することも発表されており、今後勢力的に活動していく2人に注目だ。(モデルプレス)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング