大御所ミュージシャンの2世セレブが告白「人生は思い通りにいかないもの」

モデルプレス / 2013年5月20日 11時10分

『セレステ∞ジェシー』の主演、共同脚本をつとめたラシダ・ジョーンズ。

マイケル・ジャクソンの大ヒット曲『スリラー』のプロデューサーとしても知られる大物ミュージシャン、クインシー・ジョーンズの娘で、モデル、女優として活躍するおしゃれセレブのラシダ・ジョーンズ。彼女が主演映画『セレステ∞ジェシー』(5月25日公開)のプロモーションのために来日し、インタビューに応じた。

『セレステ∞ジェシー』は、学生時代に知り合って結婚した仲よしカップル、セレステ(ラシダ・ジョーンズ)とジェシー(アンディ・サムバ−グ)が主人公。今やトレンド予測家として活躍しているセレステだが、売れないアーティストのジェシーは相変わらずマイペース。そこでふたりはセレステの提案で、永遠に友だちでいられるよう、30歳を機に離婚を決意したものの事態は思わぬ方向に向かっていく、という可笑しくてほろ苦いラブストーリーだ。

主演のラシダは、元恋人であるウィル・マコーミックと共同で脚本も担当しており、この作品でふたりは脚本家としての地位を確立。そんなラシダに、この作品に込めた思い、成功する秘訣を聞いた。

— 元恋人で共同脚本のウィルは、セレステとジェシーは自分たちがモデルだと語っていますが、この話を映画にしようと思った理由は?
ラシダ:ユーモアと同時に一抹の寂しさがあるような、リアルなラブコメディが大好き。だから、そういう脚本をいつか書いてみたいと思っていたんだけど、ウィルと執筆を始めた頃、私たちのまわりにセレステとジェシーのようなジレンマを抱えたカップルがたくさんいたの。20代に出会って、この人が運命の人だ、一生この人と一緒に生きていく、と思ったけれど、それぞれが変化、成長することでだんだんと方向性が違ってくる。だから一緒に生きてはいけないんだけど、完全に別れたくはないわけ。友人といいながらもすごく仲がいいから家族や友人たちは大混乱よ。そんな中途半端なカップルが多かったから、映画の題材にしたの。

— セレステのキャラクターに自分自身を投影している部分は多い?
ラシダ:私は彼女ほど仕切り屋じゃないと思ってるけど、ウィルに言わせると、セレステと同じようなことをいつも言ってるらしいわ(笑)。でも物語を書くということは、短所も含めて、自分を正直にさらけ出すこと。確かにセレステには私自身が投影されているわね。

— ウィルとの仲をそれぞれのパートナーが誤解することはない?
ラシダ:たまにあるわ。でもそれはいい試金石になるの。たとえば、ウィルと私の関係をウィルの相手が嫉妬したら、その人はウィルが長く付き合える相手じゃないってこと。相手の生き方や友人関係を受け入れられないと、パートナーにはなれないと思う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング