KAT‐TUN亀梨和也、セクシーな裸姿で「ナルシストかもしれない」本音を語る

モデルプレス / 2013年5月27日 16時35分

「MAQUIA」7月号(集英社、2013年5月23日発売)表紙:綾瀬はるか

KAT‐TUNの亀梨和也が、雑誌「MAQUIA」7月号に登場。6パターンのありのままの亀梨を表現し、本音を語った。



現在公開中の主演映画「俺俺」では、1人で33役にも挑戦した亀梨。日々増殖中の役柄にちなみ、同誌では6人の亀梨を表現。セクシーや素の姿など多方面な顔を見せた。

“セクシーカメナシ”では、裸姿でシャワーを浴び妖艶な表情をして誌面に登場。自分では意識はないが、亀梨は「何気ないポーズがセクシーだと言ってもらえるのは、もしかして、ナルシストだからかもしれない」と明かし、「こうなったらジャニーズのセックスシンボルを目指そうかな(笑)」と意気込んだ。

一方“エロカメナシ”では、首筋に付けているキスマークを披露し、「女性にはエロい目で見られたいし、見ていたい」という願望を告白。また、「アンテナに触れる女の子と出会ったら、自然とエロスイッチが入るし、オスとしての本能が発動しちゃう」と恋愛観も語った。

そのほか、誌面では“野球カメナシ”“昭和カメナシ”“役者カメナシ”“素のカメナシ”についての本音を語っている。(モデルプレス)

情報提供:「MAQUIA」(集英社)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング