篠田麻里子、AKB48卒業を発表「急ですが来月に」<スピーチ全文/第5回AKB48選抜総選挙>

モデルプレス / 2013年6月8日 20時35分

篠田麻里子、AKB48卒業を発表「急ですが来月に」

8日、神奈川県・日産スタジアムにて「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙~夢は一人じゃ見られない~」の開票イベントが開催され、篠田麻里子の順位が発表された。結果は5位。そのスピーチで篠田は、卒業を宣言した。

票数は92599票。涙のスピーチは下記の通り。

◆スピーチ全文

まずは、こんなにたくさんの応援本当にありがとうございます。去年は総選挙で「つぶすつもりできてください」とスピーチしましたが、その後にたくさんの後輩たちが期待に応えようと頑張っている姿を感じ取れる1年でした。こんなにも後輩がすごく頑張っているんだなぁと、すごく嬉しかったし、AKB48グループは、まだまだ上に行けるんだなと実感しました。勢いのある後輩の姿を見ていたら、私はひとつの決断をしようと思いました。私、篠田麻里子は、AKB48を卒業します(涙)。本当に、つぶされたとかそういう話じゃなくて、やっぱり後輩の勢いのある背中を見ていたら嬉しくなったし、私はAKB48に悔いはありません。(麻里子コールが起きる)ありがとうございます。でも、後輩たちが一歩踏み出そうとしているので、私も一歩踏み出すことに決めました。卒業は、やっぱり地元でしたいなって思ってたので、急ではあるんですが、来月の福岡ドームで卒業させてください。AKB48グループはまだまだ上を目指せると思います。私は卒業しても、そばでメンバーを見守っていけたらいいなと思っています。私がこんな約8年間もAKB48人生を続けていられたのは、本当に支えてくれたファンのみなさんがいたからです。ファンのみなさんは宝物です。本当にありがとうございました。

◆「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙」
※別名:第5回AKB48選抜総選挙

「選抜総選挙」は2009年から毎年開催されるAKB48の一大イベントで、AKB48の32枚目のシングルを歌う選抜メンバー及びカップリングメンバーをファンの投票で決定。今年は「立候補制」を初めて採用し、AKB48・SKE48・NMB48・HKT48に在籍するメンバー(2013年3月31日時点)、海外移籍組の元AKB48メンバー、過去AKB48グループに4年以上在籍していたメンバーから全246名が立候補した。

当選枠は上位64名。1~16位の16名が表題曲の選抜メンバーとなり、17~32位の16名が「アンダーガールズ」、33~48位の16名が「ネクストガールズ」、49~64位の16名が「フューチャーガールズ」としてそれぞれの楽曲に参加。投票権はAKB48の31枚目のシングル「さよならクロール」に封入されるシリアルナンバーをはじめ、公式ファンクラブ「二本柱の会」会員、AKB48 Mobile会員など12パターン用意されている。(モデルプレス)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング