SKE48の躍進 松井珠理奈、号泣で「先頭を切っていけるような人になりたい」<スピーチ全文/第5回AKB48選抜総選挙>

モデルプレス / 2013年6月9日 17時29分

「第5回AKB48選抜総選挙」で6位にランクインした松井珠理奈

8日、神奈川県・日産スタジアムにて「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙~夢は一人じゃ見られない~」の開票イベントが開催され、SKE48・松井珠理奈の順位が発表された。

AKB48を兼任する松井(珠)の結果は77170票を獲得して6位。昨年の9位から3つランクアップ。姉妹グループ過去最高順位を記録し、さらに初の“神7”入りを果たした。また同じくSKE48の松井玲奈も7位で“神7”入り、須田亜香里も16位で選抜入り。SKE48が“W松井”を筆頭に大躍進を遂げる形となった。

AKB48の次期エース候補の一人としてファンの期待を集める松井(珠)は、号泣しながらも「これからは48グループの先頭を切っていけるような人になりたいです」と意気込み。彼女の力強いスピーチに7万人の観客は歓声を上げた。

◆スピーチ全文

投票してくださったみなさん、ありがとうございます。私はSKE48に11歳から入って、今はSKE48とAKB48の兼任をさせていただいて、今このステージに入っています。もしあの時オーディションを受けていなくて、SKE48に入っていなかったら、客観的にこのステージを見ているんだろうなと思うとすごく不思議だし、運命なんだなと感じます。今まではがむしゃらに走ってこれたんですけど、16歳になってこれからどうしていけばいいのかな、と不安に思うこともあったんですけど、でもこうしてこんなにたくさんの方々に応援していただけると思ったら、少し安心することができました。握手会でも、たくさんの方が1位を目指そうねと言ってくださって、私も1位を目指していいんだなと思うことができました。これからは48グループの先頭を切っていけるような人になりたいです。最後に、今回この選挙の結果を見て、SKE48はまだまだ前に進んでいけるなと思うことができました。SKE48を代表して、本当にありがとうございます。これからもSKE48、AKB48、そして松井珠理奈をよろしくお願いします!ありがとうございました!

◆「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙」
※別名:第5回AKB48選抜総選挙

「選抜総選挙」は2009年から毎年開催されるAKB48の一大イベントで、AKB48の32枚目のシングルを歌う選抜メンバー及びカップリングメンバーをファンの投票で決定。今年は「立候補制」を初めて採用し、AKB48・SKE48・NMB48・HKT48に在籍するメンバー(2013年3月31日時点)、海外移籍組の元AKB48メンバー、過去AKB48グループに4年以上在籍していたメンバーから全246名が立候補した。

当選枠は上位64名。1~16位の16名が表題曲の選抜メンバーとなり、17~32位の16名が「アンダーガールズ」、33~48位の16名が「ネクストガールズ」、49~64位の16名が「フューチャーガールズ」としてそれぞれの楽曲に参加。投票権はAKB48の31枚目のシングル「さよならクロール」に封入されるシリアルナンバーをはじめ、公式ファンクラブ「二本柱の会」会員、AKB48 Mobile会員など12パターン用意されている。(モデルプレス)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング