佐藤栞里、「non-no」卒業への想い・スタイルキープ法を語る モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2012年6月8日 17時0分

モデルプレスのインタビューに応じてくれた佐藤栞里

人気モデル佐藤栞里が、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Girls Award 2012 SPRING/SUMMER」に出演後、モデルプレスのインタビューに応じてくれた。― 会場はすごい熱気でしたが、ランウェイを歩いた感想はいかがですか?

佐藤栞里:こんな大きな舞台は初めてだったのですごく緊張しました。お客さんが名前を呼んでくれるのが嬉しくて楽しい気持ちでウォーキングできました。

― 最近ではバラエティでの活躍も増えていますが、モデルのお仕事と比べて大きな違いは感じますか?

佐藤栞里:そうですね。今までとは何もかもが違うので戸惑うことも正直あります。モデルの時は常にヘアメイクさんがいるけどテレビの時はそうではないので、汗かいちゃいけないなとか変な事ばかり考えちゃって(笑)バラエティのお仕事は色々と考えながらしゃべるから難しいなと思うし、芸人さんとご一緒するたびにほんとすごいなっていつも尊敬しています。

― 男性ファンも急増している栞里さんですが、好きな男性のタイプは?

佐藤栞里:外見の好みは特にないですが、私が何かおかしな事を言った時に「それ違くない?」ってすかさず突っ込んでくれるようなコミュニケーション上手な人がいいかな。

― 今回間近でお会いして顔の小ささと手足の長さにビックリしました!体型を維持するためにしている事はありますか?

佐藤栞里:食べることが大好きなので、家族や友達と食事に行く時は好きなものを好きなだけ食べています。ただ、食べ過ぎた次の日は食事の量を減らしてその都度調整しているのであまり体重の増減は激しくない方ですね。

ジムでモリモリトレーニングするというよりもウォーキングや簡単な体操、半身浴などできる範囲のことをしています。犬と遊んでいるだけでも結講な運動になります。

― お肌も艶々ですが、美肌を保つ秘訣はありますか?

佐藤栞里:季節の変わり目は肌が荒れやすくなるので定期的に皮膚科に通っています。皮膚科は一軒に絞らず、ニキビが出来た時や乾燥した時など症状によって使い分けているので診察券が溜まっちゃって困ってます(笑)

― 先日、ブログで「non-no」を卒業することを発表されましたが、今はどんな心境ですか?

佐藤栞里:「non-no」はとてもあたたかい現場だったので寂しい気持ちもあります。でも、一歩踏み出して色々なことに挑戦したいという気持ちが強くなってきたんです。今は目標もいっぱいあるし、やってやるぞ!という気持ちの方が大きいですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング