DカップからFカップに!?正しい知識でバストが美しく激変

モデルプレス / 2012年7月6日 23時2分

DカップからFカップに!?正しい知識でバストが美しく激変/着用ブラ:「恋するブラ」(トリンプ)

先日、都内某所で行われた「Triumph(トリンプ)」のブラジャー試着体験会を潜入取材してきました。今回の試着体験会では、「トリンプ」が2012年秋冬のメイン商品として展開する“フィット感”にこだわったシリーズ「FIT SENSATION」のブラジャーフィッティング体験のほか、フィッター歴30年でどんなバストでも美しくする魔法の手の持ち主・永山晴美さんが、ブラジャーの正しいサイズ選びや着用方法を伝授して下さいました。

モデルプレスは、読者モデルともみんのフィッティングに密着。まずは採寸からスタートです。

かれこれ4、5年はバストサイズを採寸していなかったというともみんですが、実際に測ってみるとDカップからFカップと2サイズもアップしているということが判明。


永山さんにお話を伺うと、実際10年近くもバストサイズを採寸していないという方はザラにいるそうで、しかもその多くの方が久々の採寸で1サイズから2サイズもアップしているというから驚きです。このようにサイズの合わないブラジャーを着用している方は、想像以上に多いのが現状なようです。

バストのサイズや形は日々変化するそうなので年に1、2回、もしくは下着を買い換えるタイミングで採寸するのが理想的とのことでした。

◆一度垂れたバストはもう元には戻らない!?


また「谷間を強調したいから小さめのブラをつけている」、「大きめのブラつけるとそれに合わせて胸が大きくなる」などといった間違った認識をしている方も要注意。胸の位置やハリ、形をキープする役割を果たすクーパー靭帯は、ゴムのような性質で一度伸びてしまうと元には戻らないそう。


さらにサイズの合っていないブラジャーを着用することで、肩こりを誘発したり、血の巡りを悪くするなど健康に悪影響を及ぼす可能性もあるそうなので注意したいところですね。

◆ブラジャーの正しい着用法とは?


そこで知っておきたいのが、ブラジャーの正しい着用法。まずは腕を通してホックを止めたら「前かがみになり背中や脇、アンダーのお肉を寄せてカップに収める」のが一番のポイント。

また、意外と知られていないのが、毎日なんとなく止めているホックのこと。正しいアンダーサイズで着用するには、2つホックの場合は手前に合わせ、3つホックの場合は中央に合わせるのが正解。皆さんご存知でしたかでしょうか?

そして最後に横を向きで鏡をチェックし、アンダーのラインが前後で平行になっていることや食い込み具合も確認しましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング