<真崎ゆか「Tokyo REAL Style」 Vol.40>私を強くするもの

モデルプレス / 2012年8月8日 12時40分

真崎ゆか

2011年度「第44回日本有線大賞」にて「有線放送協会賞」を受賞、2011年レコチョク新人アーティストランキング第5位を獲得。2012年8月8日には詩音・SIMON・K.J.とのフィーチャリングで話題となった楽曲を収録した2nd ALBUM「Tears of Heart」をリリース。

せつなく・儚い…数々の叶わない恋をテーマにした真崎ゆかの世界観が共感を呼び、今多くの女性たちから注目されるR&Bシンガー「真崎ゆか」が放つモデルプレス連載「Tokyo REAL Style」Vol.40。◆私を強くするもの

よく「“本当の愛”って何だろう」…って考えることがあります。

生きていく上で、誰もが少なからず色んな“愛情”に触れ、自分なりの“愛情表現”をして、きっと色んな“愛”の形が行き交っている。

でも、“本当”の意味を考えると、“嘘”を考えなければいけなくなる。“嘘の愛”なんて考えたくないな…。

世の中には、二面性を持ったものがたくさん存在していて、本当があれば嘘があって、表があれば裏があって、上があれば下があって、勝ちがあれば負けがある。だから私たちは常に色んなことに葛藤しもがきながら生きているんだと思います。

私は、恋愛をテーマに歌詞を考えることが多いですが、きっとどんなことを考えても最終的には“愛”っていうモノがついてまわる。恋をする気持ちだけじゃなくて、大切な友達や家族のことを想ったり、自分自身のことでさえも、やっぱりそこには“愛”っていう言葉が浮かぶんです。

きっと多くの人が、歳を重ねたり経験を重ねることで、人と人との間に生まれるその大切な感情に気付いていくモノだと思います。私は、愛情不足で育ってきたわけではないし、むしろ家族には本当にたくさんの愛情を注がれて育ってきたと思います。

だけど学生の頃は、ちょっとしたことで疎外感を感じてしまったり、友達関係が上手くいかず自分は孤独だと思ってしまったり…まわりがまったく見えなくなって、人の優しさに気付けないこととか自分に余裕がなくて人に優しくできないこともたくさんありました。

そしてそんな自分自身が嫌になることも…。私はいつからか、自分の感情を押さえ込むようになっていました。

そして、優しい言葉をかけてくれる人に対しても、「この人は何を企んでるんだろう…」って考えたり、「いつかは裏切られるんじゃないか…」って考えたり、常に人との間には、厚い壁や不安を感じていました。

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング