AKB48島崎遥香、タイプはTOKIO長瀬智也 卒業後の恋愛と進路を語る

モデルプレス / 2016年11月18日 23時57分

AKB48島崎遥香、タイプはTOKIO長瀬智也 卒業後の恋愛と進路を語る (C)モデルプレス

【島崎遥香/モデルプレス=11月18日】AKB48の島崎遥香が18日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系、毎週金曜23時~)に出演。年内をもってグループを卒業することを発表しているが、その後の恋愛や進路について語った。

卒業を控える現在の心境を「まだそんなに実感がなくて…。もちろん一人で不安はあります」と打ち明けた島崎。バラエティ番組でのトークへも苦手意識は消えないようで、「今も一人でちょっと(不安)…」と困り顔を見せていた。

卒業後には恋愛解禁となることについて触れられると「うーん、どうだろう。でもしたいです、恋愛」と意欲をのぞかせ、好みの男子を「カッコイイ人!」と即答。続けて「自分にとってカッコイイと思える人。TOKIOの長瀬(智也)さんとか」と告白すると、それまでマイペースな“ぱるる節”で番組を盛り上げていたとあり、今田は思わず「そこは、まとも!」とツッコミを飛ばしていた。

◆卒業後の進路は?

卒業後の活動については「今は考え中」としながらも、女優として挑戦したいという思いも語った島崎。「初めてドラマに出させてもらった時、歌とダンスをしているときとは違う気持ちになった。上手くできなくても『嫌だな』って思うことが一切なかった」と演じることの楽しさを知ったといい、「だから女優に挑戦していきたい」とこれからの目標を宣言した。

◆「苦手で嫌い、カッコ悪い」アイドルとしての苦悩

7年前、友達の誘いで受けたオーディションに合格し、AKB48に加入。当時を振り返り、「自分はどうあればいいのかわからなかった」と、求められるアイドル像と自身のギャップに苦悩した日々を告白した。

ダンスも歌も苦手で、終電まで居残り練習をしていた時代は、「周りとの順番をつけられて『うわーやってられない!』と思って泣きながらやってました」ともがき苦しんだことも。アイドルらしい振る舞いをすることへも「ものすごく苦手で、嫌いだった。カッコ悪く見えて」と思いを明かし、周りに媚びることなく自分の個性を貫くことを決断。“塩対応”と名づけられたマイペースな言動は、時にスタッフから厳しい評価を受けたといい、「『代わりなんていくらでもいるから』って言われました。気づいたら同期みんなが出ているCMに一人だけ外されていたり」と明かした。

それでもこれまでアイドルを続けてこれたのはファンの存在があったから。「ステージに立った時に、ファンの方が見てくれているということが唯一の支えになってました。こんな私でもちゃんと見てくれていて、支持してくれる。そうわかった時に一人じゃないかもって思った」とファンへの感謝を語った。(modelpress編集部)

モデルプレス(modelpress)

トピックスRSS

ランキング